「バセドウ病が原因でした。」の感想!

たかはし志貴さんの漫画、「バセドウ病が原因でした。」の感想をまとめています。バセドウ病についての知識や知りたいことがまとまっていて、とってもオススメの本です!

感想

1話 はじめに、バセドウ病変1 バセドウ病って…

作者のたかはしさんの明るい挨拶と、過去の体験から始まります。とっても読みやすいです😆卒業制作やレポートで無理な計画を立て、無理をしてしまって体調を崩したり、重要な発表の前に胃がキリキリ痛み、お医者さんに行ったら心因性(ストレス)だったり、私も他人事とは思えない😇

たかはしさんは、バセドウ病を自覚することで、自分を休ませることを覚えたり、強迫性障害が発覚してから無理せず別のやり方を覚えるなど、自分をいたわれるようになったとポジティブにとらえています。救われますね😂

あと、しれっと以前のコミックスの宣伝「アラサー腐女子が初めて付き合ったのは高校生の腐男子でした。」が入ってくるのですが、タイトルが気になりすぎます🤣

バセドウ病についての詳しい説明も記載されています

・甲状腺の機能が亢進する代表的な病気
・動悸、速い脈、高血圧がみられる
・汗かきで水を多く飲み夏に弱い
・怒りっぽく落ち着きがないなど精神状態が不安定
・治療は長期にわたる

甲状腺の病気を治す本 栗原英夫

※亢進ってのは上昇する、進むってことだよ。例えば心拍が早いことを心悸亢進って言ったりするよ(イコール動悸のこと)

で、たかはしさんは結婚、妊娠を考えてレディースクリニックに行ったときにバセドウ病の検診を勧められたみたいです。首の太い人って甲状腺系の疾患を疑ったりするんですね。ためになります…しかも甲状腺ホルモンの以上は流産や早産にもつながるんだとか。大変そうです😣で、この検査でバセドウ病または橋本病が疑われたと(どちらも甲状腺系の疾患ですね)

2話 検査は信頼できる先生に

バセドウ病か橋本病と診断されたたかはしさん、どうなってしまうのかー!?とドキドキしながら読んでましたが、まず橋本病がなんなのかについて。橋本病は、どうやら甲状腺の機能が低い病気のようです。バセドウ病は歌手の綾香で話題になりましたよねー。橋本病ってのものあったのか。で、診察してくれた病院がちょっとあわないらしくて、セカンドオピニオンを受けたみたいですね。結果、無事に安心できるお医者さんが見つかってよかったー😌お医者さんも治る(寛解する)って言ってくれてあんしんしましたー😭

3話 病気のこと、いう?いわない?

たかはしさん、きちんと実家に報告するみたいです。お母ちゃんは心配してくれたのですが、おばあちゃんに結婚できんみたいなことを言われてしまいます。え、そうなの!?😭気になったたかはしさんはネット「バセドウ病 結婚」なんかで調べたみたいです。

・子供ができにくいと言われて破談に
・治療費が高いからフラれた
・一生治らない病気で結婚を反対されている

などネガティブな意見がみつかります。つら!😭でもパートナーや友人の理解があってよかったですね。それから、お医者さんが一度休職してしっかりと治しては?というのでそうしようとするのですが、なんと「派遣は休職できない!」と言われてしまって…これって差別!?😡どうなるのか気になります😫

コメント

タイトルとURLをコピーしました