「悪女は砂時計をひっくり返す」のネタバレと感想!

無料閲覧や原作小説のリンクはありません!ダウンロードサイトではないのでご注意ください!感想や考察にネタバレを含むことがあるのでご注意ください!

「悪女は砂時計をひっくり返す」のあらすじ

妾の子アリア、死の直前にミエールによって母が殺され、自分もはめられたことを知ります。砂時計の力で過去に戻り、妹以上の悪女となり、復讐を遂げるストーリー!

私は、悪女となって復讐する――。母親が身体を売ることで生きながらえてきた・アリア。しかし母親が伯爵と結婚することになり、夢にまで見た貴族の一員となり、人生が180度変化する。そんな中、妹である・ミエールの策略で母が殺され、アリア自身も死の一歩手前に…。その刹那、謎の砂時計が発動し、アリアは過去へと飛んだ。そしてアリアは決意する。ミエールを超える悪女になって生き抜くことを――。

KADOKAWA のあらすじより

つまり、悪女ってのはアリアのことなのですが、それほど悪女ではないです。ミエールのお兄様のカイン(前世でアリアを処刑した)に対しては徹底的にやり込めようとしますが、それでも処刑させずに命を救っていますし(ネタバレです)。あと砂時計っていうのは、砂時計をひっくり返すことで5分間だけ時を戻す能力を手に入れています。なぜアリアにそんなことが可能なのかは、ストーリーの公判で明らかになります。

作者

Antstudio
SANSOZBEE

出版社
THE ANT

登場人物

アリア
お姉さま

ミエール

感想

書籍化もされていて大好きな作品です!(単行本が角川から出ています)🥰

1話

食事シーンからです。これはすでに転生後?その後、回想で衝撃的な前世が明らかになります。処刑シーンからです。この展開は捨てられた皇妃に似てますね。でも明確に妹にはめられたことがわかります。うー、くやしいよ!

2話

メイドのジェシー、どうやらアリアの味方のようですね。それにしても独り言の「もうメイドの舌は切らない」が怖すぎる😨その後、ベッドから割れた砂時計が見つかります。「誓います!ひどい目に遭わせた全ての人に死ぬ方がましだと思わせられるよう」っておーい🤣妹もたいがいだけどアリアもめちゃくちゃ歪んでませんか😮そしてアリアの養父であるロースチェント伯爵が登場。このあとむちゃんこ酷い目にあうけどね😅それからアリアの実母であるロースチェント伯爵夫人も登場です。長男のロースチェント・カインは義母にめっちゃひどいこという。次女のロースチェント・ミエールは言わずと知れた悪女ですね。なんだろうこの一家。ひどいな🤣まずは詩の朗読でミエールをハメますが、ほぼノーダメージかな

3話

ローゼン子爵の一人娘で、アリアの家庭教師を担当するローゼン・サラが登場します。なお、サラはみらいで侯爵夫人のようです。あとは、ミエールの皮肉を真に受けて傷ついたふりをして、何気に反撃します。といいうかミエール立派な悪女ぶりですね😡それからミエールに隠れてサラから刺繍を習います。ミエールは15歳から始めたらしいけど、今二人は何歳なんでしょう🤔さらにアリアはミエールの婚約者であるプレデリック・オスカーに狙いを定めます(これは結果的に失敗しますけど)オスカーは金髪黒髪ですね

4話

ミエールよ・・・皮革は匂いがヤバいんだって。ってつっこむアリアかわいいですね😅皮革ではなく、毛皮がはやりそう、とアドバイスします。刺繍攻撃大成功!😈ママは32歳でアリアは14歳(もうすぐ15歳)でした。その後は親子で黒い会話を楽しみました😈

5話

サラにお茶会にお呼ばれして、ドレスを選ぶアリア。手持ちはフリフリのドレスばかりでした🤣外に着ていくドレスが無くて途方に暮れるのですが、そういえばミエールのドレスがありましたね。あくどいよ😈「あんたも草食べる?」ってめちゃウケなのですが🤣そしてオスカーのプレゼントドレスを奥から引っ張り出してちゃっかり借りるアリア。悪女まっしぐらですね😎

6話

ブティックの後は修理した砂時計を取りに行きました。ここで、店主がカジノの競売チケットを持っているのを見て、皇太子が禁止令を出すことを知っているアリアは「使えなくなるわよ」と教えてしまします。そしたら突如として怪しい男に手をつかまれます。なぜ知っているのかと。この人絶対、皇太子本人か関係者ですよね🤣

8話

お茶会で好感度アップをもくろむアリア。地味目なドレスはこのためだったんですね。刺繍をプレゼントしていました。本人は悪女っていうけど、アリアの刺繍の腕は本物なので、一生懸命努力したのがわかります😍それから、カジノの襲撃ではルプール侯爵(誰だろう🤣)が逃げてしまったみたいです。うーん、未来が変わってしまうのでしょうか?あと、従士のジョン、犬みたいに使われてしまってかわいそうでした🥰

9話「家庭教師で社交界の顔を広げよう作戦」

様々な家から家庭教師を招いて、顔を広げていきますが、そんな中でもサラ先生が一番のお気に入りです!

10話「オスカーさまが来た」

オスカーさまとの邂逅です!ミエールはオスカーと二人きりになりたそうですが、そうはアリアが許しませんでした。なんだかんだでアリアとオスカーが屋敷に残ることに。上手くいった?と思ったのもつかの間、オスカーに思いきり水をかけてしまいます(なんで🤣)

12話

プレデリック家(オスカーの家)からアリアとミエールにプレゼントが届きます。ミエールぶち切れ🤣その後、サラの集まりに参加しますが、帰りの馬丁が行きと違う?刺客でしょうか。本当にミエールには油断なりませんね😡

13話

宝石店でオスカーへの宝石を見繕うアリア。いいセンスしてます🥰その帰りの馬車に乗り込もうとすると誰かが割り込んできて、花束を渡そうとします。誰この人?😲

24話 アニーの願い

サラとビンセント侯爵のお付き合いが始まりました!それを目にしていたアニーは成功欲に震えます。アリアはアニーがどんな気持ちかがわかっているので、手ごまとしてしっかり活躍するように誘導しそうですね😣なお、子爵家というのはいわゆる5爵である公爵>侯爵>伯爵>子爵>男爵の舌から2番目。家柄でいうと玉の輿ですね😳

25話

サラに恋愛のアドバイスをするアリアお嬢様🥰それから謎の貴族の使いがまた家に来ていますね。ミエールばかり優先されてイライラするアリア(でもこれはのちに勘違いだった、という結末になるのですがオチはネタバレるになるので言いません😅)皇太子!?とも思うのですが皇太子だったらミエールとくっつくわけがないし・・。あと、毛皮の手柄をミエールに取られてぶちギれてました。その後冷静を取り戻して、使いが関心するくらい理路整然ととばく場に反対してましたね。いいね!

26話

これ以上利用されるのが嫌なアリアは、わざと愚かなふりをしましたね(事業アイディアを出さないなど)。もっと活躍するアリアを見たかったけど、これでよかった気もします。その後、アニーが春祭りに参加するとかでアリアのドレスを借りて出かけます。アリアはジェシーと護衛と共に出かけますがが、その先で例の謎の男にあいます!謎の男の名前はアース(あれ、前にも出てましたっけ?)広場で謎の爆発が発生し、アースはアリアの手を取って走り出します。わきゃー😍

27話

なんかアースはこのころからラブラブ光線が出ているなあと思いました(ネタバレ)。アリアもキスされるかと思っちゃっているじゃないですか。まあでもこのころはそんなに親しくないのですぐにお別れです😅そのあとはエミールとオスカーの仲が進展しそう!という話。

68話

裁判が始まりますが、ミエール悪いやつですね!アリアも偽証はしているんですけど、あまりにも堂々とふるまいます。まあ瞬間移動ができるだなんて普通は他の人にはわかんないですからね🤣

69話「裁判(後半編)」

ママがアリアが疑われてしまうことを悲しみ涙を流します。裁判所にはエミールお嬢様が怪しいのでは?という雰囲気が漂い始めます。形勢が悪くなって切れたミエールは、メディアやウェンディの主張を再度アピールするばかりか、殿下があの場にいた!と強烈に主張しはじめます。ミエールちゃん、すぐキレちゃいますね😇魔法みたいに殿下が消えたんだ!といったせいで裁判所でも「何を言っているんだ?」という雰囲気が漂い始めます。さらにはメディアやウェンディが犯人の長い金髪の後ろ姿しか見ていないといったせいで疑惑の目がミエールに向かいます。真犯人はミエールなのでは?

次回は裁判の結末編です!

91話

なんで働かなきゃいけないのよ!と不満を爆発させるミエール。アニーが「ふつうは働くもんだけど、ミエールはなんで働くか理由がないとダメ見たいですね」と進言します。アリアは「お父様が寝込んでしまった原因」がミエールにあることを揺さぶります。ミエールはまったく考え方をかえず、父が死ねばこの苦しみから解放されるとさえ考えます。また、侍女たちを首にしてくれとアリアに泣きつきますが、アリアは意に介しません。それよりも一緒にパーティーに行って気分転換しましょう、と誘います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました