「酒と恋には酔って然るべき」の感想!

新しいお酒マンガが出たー!お酒を取り上げたマンガが大好きです。

2018年7月13日刊行の酒と恋には酔って然るべき 第1巻の情報です。32歳のOL・松子は、日本酒が大好きでカップ酒を家飲みする毎日。男いない生活は3年目。ひとりは楽しいけれど、恋だってしたい。そんな彼女が気になるのは会社の年下クール男子。2人で飲んだら、実は彼は最高に可愛い「酔いデレ」で…!? 日本酒大好きOLと、クールな年下男子の、粋に酔わせる恋物語!!

秋田書店の公式サイト

感想

1合目 ワンカップOL、ヤケのみ

いきなり末廣酒造の末廣Dr.野口カップが登場します。ワンカップOLって新しい概念ですね。周りの結婚、出産ラッシュで飲み会が減るってあるあるですね。わかります。


後輩を誘って宅のみとは、ファンタジーかな?ワサビだけでお酒飲めるって、完全にお酒飲みですね🤣で、マグロの漬けをあてに飲むことにしますが、ここで登場したのがゆめごころです。福島の喜多方市にある夢心酒造。奈良萬で有名ですね。ゆめごころカップが登場します。

燗の温度についても解説してくれますね

55℃~ 飛びきり燗(飛び燗ともいいますね😆)
50℃ 熱燗
45℃ 上燗
40℃ ぬる燗
35℃ 人肌燗
30℃ 日向燗(ひなたかん)
20℃ 常温(冷や)
15℃ 涼冷え(すずひえ)
10℃ 花冷え
5℃ 雪冷え

2話 女一人、楽しい年越し

お、こづゆが出てきました。作者さん、福島の方なんですねー。菊正宗のワンカップがという上していました。そこに食用金箔をセルフで足すっていう。すごい発想🤣さらにそれを持ち出して、初もうでの甘酒にも入れるという。菊正宗酒造は神戸の灘を代表する菊正宗酒造のワンカップなのだそう。灘の男酒、伏見の女酒ってやつですね😋なお三大酒どころは兵庫の灘、京都の伏見、そして広島の西条です。それにしても今泉君、小悪魔ですねー🤣

3話目 春を告げるお酒で一人遊び

2月4日の立春朝絞り美味しそうですね!

7話目 梅酒の出会い

今泉君(いまいずみ)と美森(みもり)がくっついたと知って、宅のみはなしになりました😤で、自宅で梅酒をつける(ホワイトリカーでつけるんだけど、20度以下のお酒で来ると法律違反になるのは初めて知りました😲)で、で、今回は越乃景虎の梅酒が紹介されます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

越乃景虎 梅酒 1800ml 【新潟県/諸橋酒造】
価格:2640円(税込、送料別) (2022/9/10時点)


日本酒の梅酒は一般家庭では作れないそうです!なお、越後武士(えちごさむらい) など20度を超える日本酒もありますが、アル添したか、蒸留したか、ということになりそうです。このエピソード読んでいて越乃景虎の龍、飲みたくなりましたー。純米酒とアル添酒の違いも丁寧に説明してくれていてグッドです。

8合目 恋の和らぎ水

このエピソードで紹介されていた十六代九郎右衛門(じゅうろくだいくろうえもん)私も好きなお酒です🥰


ただ、九郎右衛門の話をしていると、絶対におじさんが「十四代じゃねーのかよ」って冗談を飛ばすのでそのたびにいらーっとしてしまっている心の狭いわたし😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました