まつげ美容液の感想、体験談!

みなさんはまつ毛美容液ってどんな時に使っていますか?じつはまつ育(マツエクじゃないですよ)という言葉もあるように、まつ毛も自分で育てて、エクステに頼らずにばさばさのまつ毛を実現可能なんです。そのほか、まつ毛が痛んでいる、負担をかけているという方がダメージの回復に美容液を試すパターンもあります。そんな様々な効果が期待できるまつ毛美容液の体験談です

育毛できる?

そもそもまつ毛美容液の成分って気になりますよね。髪のトリートメントには髪を守る成分が含まれているように、まつ毛美容液にはまつ毛の保湿であったり、ハリやツヤを与えるサポート成分が主です。間違っても、まつ毛が生えたり伸びたりするものではありません。育毛効果があるものは医薬品で、例えば緑内障の目薬などはまつ毛が長くなる、というお話をよく聞きますね

美容成分は?

まつげ美容液に含まれる美容成分をきちんと確認しておきましょう。保湿成分だとセラミドやコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれているはずです

実際に使った体験談は?

実際に使った体験談だと、やっぱりプチプラで買えるマジョリカマジョルカの商品や、あとは薬用シャンプーでおなじみのアンファーのスカルプDまつ毛美容液なんかが有名ですね。なお、スカルプDのまつ毛美容液は2022年2月22日でちょうど10周年を迎え、累計の発売本数は878万本となったそうです。CMキャラクター渡辺直美さんのスペシャル動画も公開されているんだとか

塗るタイミング

まつ毛美容液を塗るタイミングって結構重要ですよね。説明書を読むと必ず「きれいな状態で塗ってください」と書いてあるはずです。なので、洗顔した後、もっと言うとお風呂上りで寝る前に塗るのが良いですね。あ、それからマツエクをしている方は(施術した方から聞いていると思いますが)マツエク専用の美容液が必要なので気を付けてくださいね。

副作用は?

まつ毛美容液は化粧品なので、医薬品のようないわゆる副作用は発生しませんが、成分を含んでいる以上は肌との相性がありますので赤身、かゆみなどの肌トラブルは発生する可能性があります。そういった場合は一旦使用を中断するか、ひどい場合はすぐに眼科を受診してください。

眉毛に塗れる?

眉毛に塗れないわけではないですが、オススメはしません。そもそもの液量や成分、塗布用のブラシもまつ毛を想定して作られていますし、テストもまつ毛を中心に行われていますので、思ったほど効果が期待できなかったり、肌トラブルに見舞われた場合も自己責任となってしまいます。

色素沈着トラブルについて

まつ毛美容液のトラブルとして聞くのが赤みやかぶれなどのお肌トラブルなのですが、それ以外に怖いのが色素沈着トラブルです。まず知っておいてほしいこととして、まつ毛美容液は化粧品に分類されますので、医薬成分を含むことができません。逆に医薬品としてグラッシュビスタ(有効成分はビマトプロスト)というものがあり、これはまつ毛貧毛症の治療薬として厚生労働省が認可したもので、利用にはきちんと医師の診断や商法性が必要となります。では、まつ毛美容液にはどのような成分が含まれているかというと本当に様々な成分です。色素沈着を起こす成分も、そもそもそんな現象が間違いなく副作用として起きるのであれば、発売できません。しかし、過去の化粧品にも副作用でシミになる、というものがありました。また、シミや肌トラブルは単純な副作用というよりホルモンの乱れや食生活などの生活習慣、遺伝的な体質によっても起きるものなので、一概にこれが原因と言えないものが多いです。一つだけ言えるのは、化粧品といえど用法容量をまもって正しく使用し、体調悪化などが起きたら直ちに仕様を中断するということです。トラブルが起きた場合は医師の他、販売元のお問い合わせ窓口や、国民生活センターなど然るべき窓口に相談するということをお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました