ジュニアNISAとは何なのかまとめ

株式投資におけるジュニアNISAとは何なのかをまとめました。

通常のNISAとは

まずジュニアNISAを説明するにあたり、通常のNISAがなんなのか?から説明しないといけないですね。通常のNISAは少額投資非課税制度のことです
N=Nippon
I=Individual
S=Saving
A=Account
私は変な英語だなーと思ってます🤣

そもそもこの通常のNISAが「一般NISA」と「つみたてNISA」に分かれているんですよね。もうこの時点で一般の人は意味が分からないってなると思います。さらに、つみたてNISAを使うとなると投資信託を始める必要があるので「あれ、株の話じゃないのか?」ってなりますよね。まあこのページを見ている方は通常のNISAは知っている前提です。

ジュニアNISA口座の開設方法

ジュニアNISA口座の開設(オンライン証券)は簡単ですが、まずは対応するオンライン証券会社の口座を開設する必要があります。まさか、ジュニアNISA口座を作るくらい意識の高い人が、手数料の高い一般の証券証券会社の口座しか持ってないということはないと思います(偏見)。さらに最近のTwitterの株クラ見ていると、大体楽天証券かSBI証券なんじゃないかと思っています(偏見)

ジュニアNISA口座を作るには、まずこれらのオンライン証券にお子さん用の口座を開設してください。楽天証券でもSBI証券でも「未成年口座」という名前だと思います。その後、お子さんのアカウントで証券口座にログインした後に「ジュニアNISAをはじめる」といったリンクが出てくると思います。

ジュニアNISA口座の開設はオンラインでは完結せずに、申込書が自宅に送付されてくる方式だと思いますので、それを使って申し込みをすれば完了です。

ジュニアNISA口座のメリット

なんといっても非課税枠があることですね。ジュニアNISAの場合は80万円の非課税枠があります。なお、いまさら言うまでもないかもしれませんが非課税枠は単純に売り買いを繰り返すとどんどんと減ってしまいますので、できれば長期でホールドする銘柄をNISA枠で購入するようにしましょう。(購入するときに普通の口座かNISA口座かを選べますので)

コメント

タイトルとURLをコピーしました