足場やろうの感想

わたし、職業小説とか職業体験漫画って大好きなんですよね。このマンガも広告なんかで見て前々から読んでみたいなと思っていました。足場建設を題材にした漫画です。

足場やろう1~落ちこぼれダイが足場職人になるまで~

001話前編の感想

高校では校内テストで0点取って落ちこぼれ人生を歩んでいるダイくんですが、自分の人生に対してふてくされた気分で帰宅していたとき、中学校の同級生のケンくんに会います。ケンくん、黒い!🤣金髪でめっちゃヤンキーですね🤣

どうやらケンくんは足場職人と言われる、足場を組み立てる仕事をしているみたいです。足場を組み立てる元となるのは足場材。こういう知識大好きです🥰足場職人やろうぜーなんて誘われるのですが、そう簡単に将来は決められないですよね。と思っていたら次のコマであっさりと高校をやめて足場職人になっていました。でも親御さんは3Kだぞ、といって反対っぽかったですね。気持ちはわかってしまう。で、実際に足場職人の仕事ですが、めっちゃきついみたいです。資材置き場から足場材を足場まで運ぶのを地走りっていうらしいのですが、ずっと筋トレしている感覚ですよね。体力やば!😣

002話中編 どうやらケンくんは親方と喧嘩してやめてしまったみたい。いっぽうダイはあだちさんや、むらたさんといった現場の知り合いが増え、仕事も地走りから中段をやらせてもらえるように。安全帯をしっかりして、転ばしの確認中に、うっかり安全帯を外したまま高所作業しちゃいます。朝礼であんなに確認しろって言われるのに!転落事故です😱

003話後編(最終話)のネタバレ 足場やろうの1作目、003話はめちゃコミで50ptで読めるのでおススメです!(多分、無料漫画では読めないと思います😅)。前回のラストの引きで、もしかしたらあだちさんがナイスキャッチするかなと思ったのですが、そのまま転落して入院してしまいましたね。

先輩のあだちさんが謝りに来ました。どうやらあだちさんは足場職人に並々ならぬ情熱を注いでいて、足場職人の3Kは稼げる、かっこいい、殻を破れるだと思っているようです。そんなあだちさんの熱い思いや、図書館で読んだ本で、足場職人への熱い思いをダイも持つように。

三か月後、そこには足場職人として復帰するダイの姿がありました。どうやらダイもかっこいい3Kを目指すみたいです。現場にはくみちゃんという女の子も入り、下心もあるみたいです🤣がんばれ!

やっぱり職業マンガや職業小説面白いですよね!わたしはとろける鉄工所(とろ鉄)も大好きなんですよ。足場やろうは現在5シリーズ目まで出てます!この続きの足場やろう2では、足場職人として3年目のダイの活躍が見れますよ😆

足場野郎2

001話 前編 ダイは足場職人として3年目になりました!KYTとか地場コンとか業界用語がでてくるのめっちゃ面白いですね😆今回は現場監督の多田っていうめちゃくちゃヤな奴が出てきました😡ダイはつかみかかっちゃいましたね。問題になりそう😢

002話 後編 ダイがつかみかかったので、親方が現場長に謝罪に行きます。しかし、そこで出てきた所長は、西棟の足場解体は予定されていないことを冷静に指摘します。どうやらゼネコンのスケジュール調整ミスで急遽足場解体が必要になったみたいです。憤慨するダイですが、親方は大人の対応ですね。どんな些細な事でも話し合いながら進めていきましょう、と。所長も足場職人は大事なパートナーと認識しているとのこと。

その夜、なんとか足場の解体は完了し、現場監督の多田と足場職人たちの間に信頼関係が生まれました。丸く収まってよかったー!😌

コメント

タイトルとURLをコピーしました