僕の呪いの吸血鬼の感想

よくある吸血鬼退治もの、と思ったらヒロインが吸血鬼で最強戦力、というマンガでした。

1話

世界観を説明する第一エピソード。20年前、郊外で全身の血を抜かれた変死体が見つかる。その後、月に一人、週に一人と徐々に変死体の発見ペースが増えていき、3年前についに吸血鬼が目撃される。吸血鬼による死者は1000人以上になっている。特殊部隊の隊長・緒坂唯鈴(おさかいすず)は、吸血鬼を倒せる吸血鬼、伝説の存在「吸血鬼バロック」を国の施設から誘拐、解放する。「こら、煽ったらだめでしょ」のシーンのバロックさんが可愛すぎて昇天するかと思いました😇ネットで検索したら同じような感想がを持った人がたくさんいて安心しました🥰

2話

この作品のタイトルは君に恋する吸血鬼にしましょう!(君に恋する殺人鬼みたいな)🤣緒坂唯鈴(おさかいすず)は国に拘束され、秘密裏に処分されるのが決まったのですがその矢先、国家機関が吸血鬼に襲撃されます。バロックが吸血鬼と戦う条件は緒坂唯鈴を補佐に着けること。その理由は彼に恋をしたから🥰

それからバロックが緒坂の血を飲む前に戦闘に突入しちゃいました!相手吸血鬼がバロックの首を欲する理由がきもくて変態的すぎる😅

3話

目が覚めた緒坂が国家上層部から命じられたのはバロックとキスをすること。理由は20年間人間に対して非協力的だった(ただし非攻撃的だった)バロックが協力的になったのは緒坂に恋をしているからと国が判断したから。国家公認の恋🥰

この二人、目を離すとすぐにイチャイチャし始めますね。いいですね。もっとやれって感じです🤣そして突然の双子吸血鬼とのフライングキッス。なんでなんでー?😵

4話

バロックさん最強ですね。呪い憑き(のろいつき)といわれる特殊な吸血鬼をそれぞれ片手だけで弾き飛ばします。でもバロックさんが金髪の方の吸血鬼(ルビーお姉さまというらしいです)と離れたすきに緒坂がピンチに!双子の黒髪の方に血を吸われちゃいましたが、このまま血液抜かれて変死体になっちゃったらどうしましょう😫

2巻

5話

うわああ、傷口をバーナーで焼かれるのは痛い😢それからツクヨミがめちゃくちゃ緒坂とくっつこうとしますね。緒坂からは吸血鬼を引き付けるフェロモンでも出てるんでしょうか?ビルのがれきのはしっこ、手を離したら緒坂が落ちちゃう状態で自分を積極的にアピールするツクヨミですが、それでもお断りする緒坂に逆にキュンキュンしてます🤣

6話

自由落下しながら逆転の一手を探し続ける緒坂、正直カッコいいです。これはツクヨミじゃバロックじゃなくてもドキドキしちゃいますね🥰偶然というか主人公補正というか、対吸血鬼で効果のある十字架を手に入れてツクヨミを撃破。その余波でバロックさんもケガしますが、どうやらバロックさん的にはもう勝ち確らしいです。

7話前編

バロックが逃げ回りながら作っていたのは十字架型の肉体で作った呪物。これによって、ルビーお姉さまに黒炎をまとわせて呪い殺すみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました