暴君ヴァーデルの花嫁の感想

前々から気になっていた少女漫画の名作「暴君ヴァーデルの花嫁」をアプリで冒頭だけ読む機会があったので、感想をまとめています!

舞台はヴァ―デル・エルドゥラ城。ヒロインのニーナ・アイズはお城のメイドですが、亡き父の膨大な借金を頑張って働いて返済中。貧乏のため、カラダを洗うお湯も使えず、川の水で体を洗っている😢一方のセティス・エルドゥラ・ヴァ―デル王子は冷血王子。あと一週間で結婚相手を決めないといけないので手近にいたメイドのニーナを結婚相手に指名する!というところからストーリーが始まります🥰

感想

1話

舞台はヴァーデル・エルドゥラ城、めちゃでかなお城です。そしてヒロインのニーナ・アイズはけなげな感じでカワイイ!そして暴君ヴァーデル様はきちんと暴君しててカッコいいです!花嫁役の了承が「売った!」の一言なのも面白いですね🤣

2話

お城で結婚!となればダンスパーティーですよね。でもダンスパーティでいきなり剣を抜かれちゃうニーナ😨どうなるかと思ったけどヴァ―デルが助けてくれました。そして再びの「売った!」相変わらずお金に弱い🤣

3話

ニーナの実家(すっごいボロ屋🤣)にヴァーデルが来てくれました。花より男子(はなよりだんご)もそうでしたけど、やっぱり圧倒的ステータスのメンズが貧乏ヒロインの実家に来て、というシーンたまらないです🥰

5話

ある日、セティス王子にお客さんが訪ねてきます。幼馴染のジェイク・ファーリック・ブロッツ。セティス(セティ)とニーナの様子から、セティが本当にニーナを気に入ってると気づきますが、途端に表情が険しくなるセティ。過去になにかあったのでしょうか?👀

ジェイクに聞いて、王子の好物のコーヒーを作ることで挽回しようとするニーナでしたが、そのコーヒーにジェイクが薬を盛っていて・・なんでなんで?どうやらアイシャ・エスタ・ゾディア姫のところにセティを攫おうとしているみたいです。ピンチ😣

5話まで読んでみた感想

暴君ヴァーデルの花嫁って私の周りでもすっごく評判が良くて、初夜編とか蜜月編とか続編みたいなものもたくさん出ていたので、いつかしっかり読んでみたいと思ったのですが、最近はアプリでも読めるみたいなので自分のペースで場所とか関係なくよめてすっごく幸せです🥰ある程度読み進めて、気に入ったら単行本も買って作者さんに貢献したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました