誰かを呪わずにはいられないこの世界での感想

漫画UP!で読める無料漫画「誰かを呪わずにはいられないこの世界で」の感想です。

感想

変死体が工事現場から発見された、というニュースと、それを見ている被り物の人物(性別不詳)どうやらこの人物は予知能力を持っており、それと話している(あなた様と呼ばれている)のがイケメンのなにものか。

この被り物をしている存在は呪神と呼ばれており、ある少女の願いをかなえに現れたらしい。その願い事とは「なにかもしろいことおきてほしいです」呪神と契約を交わした少女は射殺されるまでの2年間で134人の村人を殺害したとのこと。

現代社会、ふたたびクラス写真を使って、呪神と契約しようというものがあらわれた。被害者は由奈ちゃん。お、これ犯人が分かっている系の箱庭推理ですかね。で、警察の捜査してる隣で2年1組担任の久保英二(くぼえいじ)がリアルタイムで呪殺されます。そこに現れた生物教師の冴山清春(さえやまきよはる)が呪解探偵という探偵役でした。おお、異能探偵。犯人である古川真子(ふるかわまこ)とのバトルが楽しみです。

感想

異能で探偵というと脳噛ネウロとか、文豪ストレイドッグスとか、文学作品でいうと清涼院流水のコズミックシリーズが思い浮かびますね!でも今回は呪神、呪殺、呪解という呪いがうずまく推理モノ。きっと物理法則やミステリの原則を無視した推理合戦が繰り広げられます。楽しみです!にしてもデビルズテイル(呪神の尻尾)の能力は完全にアキネイターですね🤣

2話

どうやら先生はPP(サイキックポイント)を消費して能力を発動するみたいです。

3話

お「みんなの人生は命の重みを知る私が必ず終わらせるから!」のサムネの一コマが出ました。そして真子はなかなかの知能犯ですね。わざとダミーの犯人を仕立て上げるための工作をしていました。

4話

呪神の思念体を見せずに能力の空撃ち、は思念体を見せるも見せないも自由という効果を見た時に登場すると思ってました。ばっちり出てきましたね😆次回完結!

5話

遂に完結!最終話!なお、通しで読んで一番衝撃を受けたのは「お前の尻尾はもう丸見えだぜ、古川真子!」という作品内の大ゴマシーンで、犯人の服が衝撃で脱げて半裸になったところでした🤣

これ元々読み切りを想定して書かれた作品ですよね。おそらく。打ち切りとかではなくて。呪血議会(カーストブラッド)など、続編をにおわすような描写もあったので、もしかしたらアンケート結果などで続編が書かれるかもしれないですね😆!でも私は天泣のキルロガーの続編も熱望しています!(まったく関係ない作品ですが😅)

コメント

タイトルとURLをコピーしました