ドロヘドロの感想

これも読み返し系の漫画作品ですね!漫画ドロヘドロの感想です!個人の感想なのでネタバレ要素を含みます。なお、このサイトにはRAW、ダウンロード、全巻無料はありませんのであしからず。ドロヘドロは店頭だとなかなか売ってないんですが、アプリのサンデーうぇぶりで全巻無料で読めますよ🥰

感想

あらすじ(設定)

魔法使いと呼ばれる人々がいる。指の先から煙を出し、超常の力を操る。この世界は魔法を持たない人々の「ホール」と魔法使いが暮らす「魔法使いの世界」に分かれている。魔法使いはドアを生み出し、ホールと魔法使いの世界をつなげては、ホールの人々を相手に魔法を練習している。

この物語は、そんな世界で魔法使いを退治するカイマンと二階堂(ニカイドウ)のコンビの話。

1話 カイマン

松村と藤田の魔法使いコンビ。圧倒的なパワーで二人を撃破し、カイマンが松村を口に入れる。なんと、カイマンの口の中には謎の男が巣くっており、くわえられた松村は謎の男に「お前は違う」と告げられる。その瞬間「そんじゃア、もういらん」のひとことで首チョンするカイマン。痛快!かっこいい!そして、松村は死に、最後の松村の魔法で藤田は生き延びた。

2話 ハングリーバグ

相手は「虫になれ!」の掛け声とともに、人を虫に変える魔法使い。ニカイドウが虫に変えられかけましたが、カイマンがやっつけましたね。虫の魔法使いは逃げようとしたけど、ドアが封鎖されてるらしい。そういえばカイマンの顔にも十字の模様がある。

3話 悪夢の中のアイツ

ドクロの被り物をした恵比寿(えびす)。このコは爬虫類変化が得意な魔法使い。恵比寿もカイマンの口の中の男に「お前は・・」と言われるけど続きが効けないまま藤田に助けられドアで帰還。おお、これって絶対何か知っている魔法使いのパターンですよね?😆

4話 袋の中

能井(のい)と心先輩のコンビ登場。先輩二重人格?それからターゲットの目に十時マークが!

5話 食事中はお静かに

煙と能井(のい)はイトコなんですね。愛茸、舞茸(あいたけ、まいたけ)の二人は偽物になっていました。あれ、ハングリーバグってお店の名前でしたっけ?

6話 隣の町の魔法使い

隣の町(マルミギ)まで針師の魔法使いを探しにいくカイマンとニカイドウ。針師はみつかったけど、こいつも違うってなりましたね。

魔のおまけ

本物のマスクが作られるまで!(藤田のは偽物)

1巻で分かったことまとめ

・カイマンはギョーザが好き
・カイマンはバイトをしている
・カイマンは夢を見る
・ホールにはDPE屋がある
・カイマンは花札ができる
・魔法使いもフランス料理を食べる
・カイマンは脱皮をする
・ホールの通貨は円

1巻の感想

ひさしぶりによんで、あの頃のワクワク感を思い出しましたよ😆あの時は結末が全く分からなくて、最新話まで読んでも全く最後がどうなるかハテナでしたが、今となってはアニメ化もされているし、完結もしている!最終回まで読むのがすっごく楽しみです😆

2巻

7話 死者の夜

なんと、ホールでは年に一度、魔法使いに殺された死体がゾンビ化するとのこと。おお、まるで他の漫画のコラボ回のような雰囲気(ドロヘドロはしっかりストーリーも進みます🥰)リビングデッドデイと呼ばれているようです。一方、能井(のい)と心(しん)もホールに出向きます。

8 決闘!!中央デパート前

恵比寿・・ゾンビ化しちゃっているのウケますね🤣あと、血しぶきの中に顔が出たり、ニカイドウが魔法使いだったり。ストーリーがかなり進んだ気がしますね!ミンチマシーンも手に入ってニカイドウはニコニコです!😆

9 トカゲも踊る盛り沢山

とびらのカイマンのダンスがかわいい🥰カイマンの生首をホルマリン漬けにしたのだけど喉の奥を覗こうとした瞬間に停電、そして首が持ち去られました。それから、恵比寿はゾンビになってギニャアギニャア言ってる。ってことはやっぱり、この子は何かを知っているんですよね🙄

10話 鴨のロースト魔法使い添え

ニカイドウは心の腕のつぎはぎから、ホールに心がいたころの記事を発見します。。一方魔法使いチームは口の中の男の情報を元に人形を作ります。人形は口の中の男のもとに向かうはず。と思ったら、口の中の男は既に生首になってましたね。では体は?まさかカイマン?

11 統一魔界なんちってトーナメント

ニカイドウのピンチに駆け付けたカイマン。無事に賞金もゲットでき、ニカイドウの借金も返せましたね。

魔のおまけ

悪魔の存在と、呪いについて。高速で落下していくような声。聞いてみたいです。

2巻でわかったこと

・ゾンビは塩に弱い
・ニカイドウは過去ある女
・標本はホルマリンに限る。
・ブラのカップ表示は我々と同じ
・口の中の男はすでに死んでいる
・ハングリーバグは経営難
・カイマンは脱ぐとやっぱりすごい
・2巻は1話少ないけどおまけが多い

2巻の感想

かなり核心に迫ってきた感じがしますが、これでもまだ2巻。アニメ版が7巻に収録されている第39話「ボーイ ミーツ ガール=バトル!」までですし、漫画版の最終回は23巻に収録の166話「泣いても笑っても最終決戦」と最終話「さようならオールスター」つまりまだ10分の1も進んでないってことです。それだけに、これから謎がどのように深まっていくか、非常に、ひっじょーに楽しみです!

3巻

12話 舞踏会へは正装でおこしくださいませ

煙はパートナーを探してたんですね。治癒系の魔法使いをパートナーに出来たと思ったら、正体は動物?😲

13話 ゆく年くる年inホール

治癒能力を持つ動物の名前はキクラゲに決まりました。キクラゲに口の中の男を復活させてもらおうとする魔法使いたち😆一方ニカイドウたちはカスカベ博士と出会う。

15話 炎洗式トイレ秘話

魔界のトイレは水洗じゃなくて炎洗なんですね。事故ったら水浸しじゃなくて火事になっちゃう😅あと、カイマンの口の中の男は栗鼠(りす)っていうらしい

16話 ケムリ売りの少女

どうやらニカイドウの煙はレアらしい(じつは時間系の能力者!)煙を売ってから店主を殺すなんで極悪非道だ!そして、悪魔の力を借りて煙の屋敷に潜入しますが、能井(のい)と鉢合わせしてバトルになります🥶

17話 キノコの山は食べ盛り

魔法使いの世界でご飯の準備をしてニカイドウを待つカイエン。カワイイ🥰悪魔の力を借りて栗鼠まで近づいたニカイドウですが、煙の暴走によってキノコの煙を浴びて逃走しました。ニカイドウの背中に生えたキノコは、その日の食卓に並んだのかな🤣あと、最強っぽい心さんがエノキの菌床っぽくなっているの、クラゲみたいでわらっちゃいました🤣

4巻

マンホール哀歌(エレジー)

ジョンソンってそうか、味方ってわけではないんですね。それから黒い宝石、老廃物?そんな設定出てきてましたっけ🤔胆石とかそういう勘違いだと思ったら、ニカイドウの身体には無いってことなんで、魔法使いの設定に関わるものですよね。謎がなぞをよびつづける!だからドロヘドロは面白いですね😆

ここからは私が前回ドロヘドロをラストまで読んだときにまとめておいた重要メモです。ネタバレがあるのでまだ作品を読んでない方は見ないことをお勧めします。

煙(えん)は2回くらい死ぬ(最後は生き返る)。十字目の男たちは、魔法が使えない者たちで集まった組織。魔法使いを目の敵にしている。十字目のボスの名は「壊」。チダルマという悪魔がすべての悪魔のボス。本当のラスボスはホール君。ニカイドウは魔法使いで、ニカイドウの魔法は時を操る魔法。カスカベ博士は若く見えるけど64歳で本名はヘイズ。ストアの包丁は悪魔肉ショップ店員であるストアの包丁で、最強の攻撃力を持つ。カイマンの首をトカゲに変えたのは恵比寿。栗鼠の魔法はカースと呼ばれる超特殊な魔法(自立型)

コメント

タイトルとURLをコピーしました