娘じゃなくて私が好きなの!?の感想

男性向けランキングに乗ってましたが女性が読んでも楽しめます!🥰「娘じゃなくて私が好きなの!?」の感想です。

感想

1話

5歳児の美羽(みう)ちゃん。両親が保育園のお迎えの途中で事故に遭い、美羽は孤独になってしまいました。そんな美羽を見かねて綾子叔母さんが美羽を引き取ります。

時代は過ぎ。美羽も立派な高校一年生、今日もお隣のタツ兄(左沢巧、あてらざわたくみ、大学二年生)と登校します。

勤め先の女性社長に、そろそろ恋人でも作ったらどうかと言われた綾子ですが、美羽が巣立つまではと遠慮がちに考えています。確かに、アラフォーになっちゃうと、新しい恋は出来ないわけではないですがおっくうになっていきますよね。でも、お隣のタッくんと美羽がくっつけばすべてがパーフェクトなのでは!と天才的な思い付きをします🤣

そして二人の晩酌で好きなコがいるなら今のうちに告白した方が良い!と強力にプッシュしたところ、タッくんの口から出た好きなコは、娘じゃなくて自分の名前だった!というオチです🤣すっごく面白くてワクワクする展開ですよね。

2話

巧(たっくん)の親友の梨郷聡也(りんごうさとや)が登場です。どうやら拓が綾子のことを好きってのは周りの人はみんな知っていたみたい😆そうですよね🥰あと、最後の方、美羽が自分のくわえたチュッパチャップスを綾子のお口に突っ込んでませんでした?ちょっと、いやかなりびっくりしました😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました