天泣のキルロガーの感想

天泣のキルロガーの感想(考察にネタバレ可能性アリ)です。完結作品!無料漫画アプリのピッコマの他、がうがうで読むことができます。

感想

あらすじ

守永尋武は、両親を何者かに殺され、自身も瀕死の重傷を負う。運よく一命をとりとめたものの、その日を境に、幽霊のようなものが見えるようになる。雨の日になると現れるそれは、背負う者が殺した人間の死に際の姿――殺人を犯すと浮かび上がる、『人殺しの履歴書』だった。そんな彼のクラスにやってきた転校生・琥珀ゆずかの背後には、おびただしい数の苦しむ顔が浮かんでいて……――。ミステリアスな美少女は天使か悪魔か……? 慟哭のダーク・ファンタジー、開幕!

1話 覚醒

両親の死を目の当たりにした後、崖から落ちた少年、尋武(ひろむ)が主人公です。同じマンションの亜里沙(ありさ)も登場。ヒロイン枠かな?🥰これからどういう話になるんだろうとワクワクしたら、通りすがりの男が苦悶の表情の女性を背負っています(背後に薄型ディスプレイ(?)、拡大写真(?)みたいに浮いている。サイコメトラー系かな。

なるほどですね。この殺人履歴は雨が降ってないと見えないのか。あと、転校生の琥珀ゆずか(こはくゆずか)めちゃくちゃ殺人履歴背負ってますね!

2話 侵入

なんと、殺人履歴に触れるの死の瞬間のイメージが浮かぶことまで分かりました。お隣の倉元(くらもと)さんが奥さんを・・・😨

ここまでの感想

なるほど、雨の日に見える殺人履歴だから天泣のキルロガー(Kill Logger)なんですね。なお、天泣(てんきゅう)は雲が無い状態で降る雨で、私の地元では狐の嫁入りって呼んでましたよ😆今後、はヒロムが両親の死の謎を解く探偵もの、推理モノとして展開していくと思うので楽しみです!それから2話の最期に登場したユズカがどういった役割を担っているかも気になります!

3話 契約

なるほど、なんでユズカがそんなものを食べるかは分からないですけど、ユズカは食糧事情からヒロムに目を付けたのですね。共存関係!めちゃくちゃ面白いです!

4話 不運

うーん。アリサちゃんいい子だと思うけど、両親亡くしたヒロムと人死ぬ映画を見にいっちゃだめでしょ🙄あと、ユズカの誘いを断ったけどどうなるのかな。一日くらいでは飢えない?食べ残し保存して至れば大丈夫な気もします😅

5話 恐怖

映画館で母との記憶と、死に際がフラッシュバックするヒロム。映画は途中で切り上げになりましたね。その後、なんだかんかでアリサを襲おうとする暴漢をユズカが食べるわけだけど「こっちは生き死にかかっている」っていうからやっぱり食料はその日のうちに食べないとだめなのかも?あとユズカ、生き死に握られてて、めちゃくちゃ犯罪者なのに強気ですね😅どんな人生送ってきたのか気になる🙄

6話 執着

今回のキラーのターゲットは但馬(たじま)先生。そんな・・・子供が生まれたばかりなのに。すでにご主人は殺やられてしまった。次のターゲットが先生?お願い間に合って!

ここまでの考察や感想(ネタバレになるかも)

今のところヒロムとユズカのコンビは順調に狩りを出来ているように見える。でもユズカはいつまでたっても上からだしペースを崩さない。でもさすがに変死?食べられた感じのご遺体が増えると、警察も怪しむと思います。それからヒロムの親を手にかけたのはシリアルキラー。能力者があまり増えていかないのだけど、このシリアルキラーも何らかの制約や能力を持っている可能性が高くないですか?殺さないと生きていけないような。だから感謝として10万円を封筒に入れておいていく。違うかな。10万円の謎が解けない。でもそろそろ犯人の正体につながる展開がありそう。わくわくしながら読んでます😆

7話 決意

犯人に襲われたけど、ここからはユズカのターン!翼の演出はレギュラーになったんですね🤣あとキルロガー呼びも定着しました。

ここまでで分かったこと

・ヒロムの両親はシリアルキラーによって殺され、ヒロムも殺されかけた
・それ以来、雨の日にはキルロガーが見える
・ユズカは他人(殺人者)の肉を食わないと死ぬ、殺人人数が多いほど美味
・ユズカは他人の命に興味が無い、肉がおいしくなるという理由で殺人を見逃すことも
・ユズカはヒロムのことは守る
・ヒロムの両親を殺したキラーは、現場に10万円を残す

23話 最終話 同士

モモと郁美は成仏できたらしい。あれ、ここでおしまい?打ち切り?気になってネットで情報を見ていたら、原作者の菅原敬太さんが言うには、物語は完結してないけど連載が打ち切りになってしまったようです。でも、絵もきれいだし設定も面白かったので、ぜひぜひ連載再開してほしいなと思いました😢

コメント

タイトルとURLをコピーしました