追放冒険者のやり直しの感想

なろう原作小説のコミカライズ。漫画版「追放冒険者のやり直し」の感想です。やり直しのタイトルがついてるものは死に戻りだったりするのですが、こちらは引退ものっぽい雰囲気が出てます。まずは1話目でグレンがパーティをクビになる。今回はBランク昇格パーティで他の作品に比べれば脱退時のランクは低めですね。のびしろがあるってことで楽しみです。ただ、グレンは個人的にAランクを取得しているみたいですね。

故郷で温かく受け入れてもらえると思ったら待っていたのは拒絶。これはつらいーーつらすぎる!😭電気魔法でなにやら性格改変みたいなことまでしてしまってます(結果気絶)でもそこに妖精の長が現れたので、人里離れるパターン、または割と早く誤解が解けるパターンかな。早く誤解が解けてほしい!

あ、でもやり直しってそういうことか。実質人生一回リセットされて死に戻りに近いかもしれないですね。妖精眼(フェアリーアイ)を貰いました。転移眼、鑑定眼、千里眼、感知眼、未来眼など兼ね備えているらしい。魔眼大帝様みたいな眼の多さ!

そのご、フレイナさまと魔眼の訓練をし、大分使いこなせるようになってきたけど、グレンがいつか去ってしまうのを感じ取って寂しそうにするフレイナ様。でもフレイナ様可愛いし、グレンも出ていく必要はないと思うよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました