あそこではたらくムスブさんの全話感想

こちらは私の大好きな作品です!きっかけはラジエーションハウスですね。ラジエーションハウスの絵やキャラが好きで1巻からずっと読んでいたのですが、気づいたら月9でドラマ化されてて、ええええ😲と驚いたのをよく覚えています。そして、ドラマは全く見なかったという(漫画好きあるある😅)で、ある日ネットか何かでこのムスブさんの記事を見て、あ、モリタイシさんの絵だ!と思ったんです。独特な色気がありますよね😆でも、ラジエーションハウスも続いていたので、え並行連載だスゴ!って衝撃を持ちました。(そういえば、ロロッロと僕ヤバなんかも並行連載知ったときめちゃくちゃ驚きました)作者のモリタイシさんその後、離婚されましたが並行連載に離婚にかなりハードななかでの恋愛もの描き続けてるの尊敬しかない。ペースは落ちても創作は続けてほしい!とファンとして思っています😢。無料漫画アプリだと、どのアプリで読めたかな。公式であるサンデーうぇぶりでは読めたはずです!

あらすじ(ストーリー)

湘南ゴム工業株式会社で、営業担当として働く砂上吾郎くん。彼が密かに想いを寄せるのは、総合開発部のムスブさん。そして、可憐な理系女子・ムスブさんが日夜研究しているのは、実は……“アレ”なんです!!~pixivコミックの作品紹介より

感想

ケノコが実際に漫画を全話全巻最終話まで読んで感想をまとめています。あらすじ(ストーリー)や考察もあります。登場人物もwikiみたいにまとめていけたらと思います。なお感想にはネタバレを含む場合があります。ムスブさん読んでてタイトルの丁寧さに「隣の席の、五十嵐くん。」のタイトルの空気感を感じてるの私だけかな🥰

1話「使ってみてください」

主人公の砂上吾郎(さがみごろう)24歳は、湘南ゴム工業株式会社の営業企画室社員です。前任の坂本さんからの引継ぎで、総合開発部で働くことになりました。主任の富山さんから総合開発部にはもう一人社員がいると言われますが、実は砂上はその社員を知ってました!なぜなら、彼はたまに社内で見かけていた「総合開発部のムスブさん」に一目ぼれし、それから1年7カ月も片思いしていたのです!おお、ピュアっピュア🥰ムスブさん挨拶だけしてまたすぐ研究室に戻っていきます。野良猫みたい😼なお、彼女の声は儚げで透明感のある、芯の強さを感じる声らしいです。石原夏織さんとかかな?あと、ビジュアルについては伊織もえさんが2.5次元でコスプレしてくれてますのでかなりイメージしやすいですね(あれ再現度高かったですよね😆)そんなめちゃくちゃかわいらしいムスブさんから「試作品です」と渡されたのはゴム(コンドーム)。そうこの湘南ゴム工業は避妊具も作っているメーカーなのです。

2話「ご使用されました?」

いや・・・キャッチフレーズアウトでは🤣どう考えても、借り暮らしの・・アリ・・でもまあ編集さんがOKしたのならOKなのでしょう!あとカリブトくんで絵が狂うほどの吹き出しを見せる砂上くん😅カリブと海賊も面白いけど🤣ただ、モリタイシさんの作品はここなら甘酸っぱいラブが展開されていくので、まだ逆パートだと思って読んでいます😎あと、ムスブさんから使い心地を聞かれて「お相手の方は?」との質問に1人です・・と答える砂上くん。なるほど、こう答えるとこういう反応するのかムスブさん。これはそうとう初心とみた!砂上くんはこのポジションなら婚約者とか幼馴染でも現れない限り、安泰なのでどっしりと構えてればいいと思いました😆

3話「2度づけが基本です」

いや串カツ!(タイトル)ゴムができるまでの過程回。二酸化ケイ素の粉が巻いてあるんですねー。これやっぱり取材したんですよねえ。工場見学みたいでわくわく。医療機器法での厳しい規定があるようです。ドンキなんかで売られている謎なスキン見ていると、おふざけを感じたりしますが、それでも医療機器として管理されているのですね(製造機が)。最後のムスブさんのおひとりで使う分には~でしっかりオチがつきました🤣

4話「コンドウですけど」

扉絵がギョニソムスブちゃんなんですけど🙄で、ムスブちゃんの本名が明らかになるエピソード。近藤結(こんどうむすぶ)でしたね。

5話「試してみますか」

破裂試験。コンドームの物性試験らしいです。協力は相模ゴム工業株式会社。工場マンガや業界マンガって面白いですよね。私は大好きです🥰すごい積極的なムスブさん!と思ったら砂上のもうそうでした😡あと、家族構成は弟と両親と祖母とのこと。やっぱり弟君が割り込んできたりするのかなー。楽しみです😆

6話「特に予定はありませんが」

砂上の歓迎会の回。あ、サガミさんの名前って、協力企業さんにあやかってたのか(遅い!)。ムスブさんは片道3時間を通っているらしいです。往復6時間。あくび可愛いですね🥰

7話「もし良かったら」

ムスブさん、ものすごくお仕事に真剣ですね。普段から、Webニュース、本、中づり広告、テレビCMなどを参考にコンドームに対するユーザーのニーズや興味を察知しているようです。すごいですね😲展示会にも行くみたいで、いい展示会があれば砂上さんも誘ってもらえることになりました😆

8話「本当ですよ」

今日は企画会議回。ゴムでインスタ映えは面白いですね😆営業企画室の課長、坂下宏之(さかしたひろゆき)さんと、総合開発部の課長、富山千春(とみやまちはる)さんが参加。あれ、富山さんって主任じゃなかったでしたっけ?昇進しました?

9話「女性のための」

ローションと潤滑ゼリーの違い。なるほどですね。潤滑ゼリーの方が女性が買いやすいイメージがあるのですね。試させてもらった潤滑ゼリーは曳糸性(えいしせい)、意図を引いてしまって粘り気が強いのでNGとのこと。勉強になりますね😲

10話「ご都合合いそうでしたら」

潤滑ゼリーの件、自分の口から説明できてよかったですね😁次回は展示会デート?🥰

11話「待ちましたか?」

扉絵ー!ムスブさんの頭に何てものを載せているんですかー🙄東京ビッグサイトでの展示会でしたね。ムスブさんの研究姿勢本当にすごいですし、同僚を尊敬できる素直な姿勢が素晴らしいです。しかも帰りに国会図書館で調べもの!私なんて国会図書館は絶版の漫画を読むところだと思ってましたよ。『地球へ』(てらへ)とか😅

12話「わかりません」

今日はゴムの耐久試験回でしたが、話の流れでムスブさんが「そういう経験がない」という発言が飛び出しました。気まずくなりそう😣

2巻

13話「僕なんかでよかったら」

扉カラーですね!ムスブさんも思わず言ってしまったけど気まずい雰囲気。でも砂上さんの、よくわからないフォローでムスブさんにちょっと笑顔が戻りました!僕でよかったら使ってください!はアウトだと思います😅

14話「誰かいいひと」

扉は、珍しくシャツを脱いだムスブさんですね。けっこうある😳そして入浴シーンですが、表情だけ!(表情だけですが上記した頬が色っぽいです)弟さん、背高いですねー。弥樹(みき)という名前みたいです。ムスブさん的には砂上さんは「すごくいいひと」というくくりみたいで。よかったですね!あれ、よかったんですかね😅砂上さんがんばってー😆

15話「色々くわえます」

扉絵で食べてるのはチーズドッグ?🤤タイトル思わせぶりですが、化学女子っぽい内容でしたね。ゴムの原料は天然ゴムラテックスで、アトライタという粉砕機で微粉末にしたものを加硫缶で混ぜ合わせる。硫黄とゴムの木の汁(ラテックス)があればゴムが作れるってことですね。なお、ムスブさんは高校は演劇部らしいですがちょっと意外!小道具大道具とかの裏方とかかな?😲伏線とかだったらうれしいですね。

16話「ちょっと一息」

ムスブさん、ゴルフやったりするんですね😲結構営業ではたらく男性なんかがやってるイメージです。ゴルフ

17話「距離感」

ライバル刑部尽(おさべじん)?と思ったけど、どうやら砂上くんねらい?でも、砂上くんの中で距離感の近い人とい理解に落ち着きました🥰

18話「本望です」

この扉絵は🤣フードがあれ😳今回は厚物!ロングプレイ用の開発のようです。

19話「市場調査です」

女性に支持されているブランド、気になりますね😆

20話「どちらかどうぞ」

砂上くん、着眼点いいぞー。それからムスブさんが飲み物を差し入れてくれました。ムスブさん、やっぱりかわいいですよねえ。いつもの黒タイツではなくてロングスカートでした!

21話「気をつけてな。」

ムスブさんの帰りが遅くてそわそわするパパ。にやにやするママ🤣

22話「そういえば・・」

お、この扉のムスブさんちょっとぱっつんぽくて可愛いですね!厚物の激アツ2号(試作品)を砂上さんに渡すムスブさん。でもこれって砂上さんからすると微妙ですよね(見込みないって言われているような😅)

23話「言いにくいコト」

仕事で終電を逃したムスブさん。スーパーラッキーチャンス?🥺コラー。最後のコマの砂上くん少し喜んでるな!

24話「運命のいたずら」

あ、まだ逃してはなかったのか🤣でも駆け込みはよくないです😡そして今度こそ砂上くんにとっての、ハイパーラッキーチャンスになりました。

2巻までの感想。

すこしずつすこーしずつ縮んできた二人の距離感ですが、まずはプロジェクトがしっかり終わることを祈ってます(応援してます!)ちょっと心配なところもあるムスブさんと、ひとのよさそうな砂上くん。結構いいコンビだと思ってます!一緒にはたらくと人柄ってわかりますよね!だから職場恋愛って多いのかな?😆

3巻

25話「このあと・・どうしますか?」

終電後をどうやって過ごすか相談する砂上さんと、ムスブさん。砂上さん焦って色んな予防線を張って自滅してますね。まずはファミレス(ジョナサン)で腹ごしらえをする二人。席に着いたところで、ムスブさんに実家から着信です。このときの砂上の表情🤣きょどりすぎですね🤣

26話「泊めてもらいます。」

あらめて思ったけどムスブさんの髪型かわいいなあ。ママは弟の家に泊めてもらえばって言ったけど、弟はサークル旅行でした。これ絶対ママは確信犯ですよね🤣またいちから寝床探し!

27話 オレの方だけ

ムスブさん、世間知らずだからかホテルを見つけるのですが、ラブホテルですね💧

28話もう少しだけ

ネカフェまでムスブさんを見送って、もっと一緒にいたいと正直に言えばよかったとウジウジする砂上さんですが、何とムスブさんの方から走り寄ってきてくれました。どうやら駅まで見送ってくれるようです😍

29話「お言葉に甘えて」

断られるの前提で自宅に誘う砂上くんだけど、わりと話が前に進みそうなムスブさんの反応に顔面崩壊&心臓ばくばくの砂上くん。がんばえー😣あと、商品開発とはいえコンビニでゴム物色するムスブさん。仕事の鬼なんだけど!仕事の鬼なんだけど空気感ー!!と、非常に楽しんだエピソードでした🤩

30話「お借りします」

ムスブさんの湯上り、彼シャツ、髪を後ろまとめ、すっぴん(でもかわいい)、ちょこん座り、上目遣い、のチェーンで砂上くんはこれもう心臓持たないですよね。読者(わたし)の心臓も持たない。ムスブさん、いったい何を言うのかー

4巻

37話「シゴト」

38話「親切な人」

39話「意識」

40話「dinner」

47話「0.01mm」

一瞬タイトル見て何のことかと思っちゃいました😳二人の距離は 0.01mmどころかゼロになりましたね。最近は出張エピソードが続いているので「あそこではたらく」感がないのですが、これはこれで最高でした🥰

50話「お邪魔します」

ベッドでゴムを差し出された砂上。やっぱり自社製🙄?ムスブさん、やっぱり性の知識も偏ってましたね。そこがかわいい!あと赤面顔にたっぷりほぼ1ページ、4コマ使うのもずるい。モリタイシさんがずるい。今回赤面ゴマ10コマ以上ありますよね😆ういくてよい!でもその夜、電気の消えた部屋での「こっち来ます?」「おじゃまします」はめっちゃドキドキしました🥰

51話「温度」

同じベッドで寝てるけど手は出さないと誓う砂上くん。緊張して寝付けなかったけど、ムスブさんになでなでされて気づいたら寝てましたね。母性を感じているムスブさんがかわいいです🥰

52話「デート」

初デートは雨の松島です!鏡でファッションチェックするムスブさん。リケジョさんですけど、女の子だなあーと思います🥰

53話「雨、メランコリー」

仙台へおいでませ!(といってもすぐに松島に行ってしまうのですが)「オレは床で寝ます!」など漫画作品もそうなのですが、恋愛ものでキャラが仙台にきてくれると嬉しくなります!で、ムスブさんが上の空なんですが、服装をほめてもらえなかったからという初々しい一面が垣間見えます。このペースで少しずつ仲良くなってほしい!最後には砂上くんから言ってもらえてよかったねムスブちゃん!🥰

54話「言い伝え」

カップル成立した二人の話。この海鮮丼、たぶん「漁師の海鮮丼」さんですよね。あそこはカキフライもやっているので🤤完食のためにやる気十分のムスブさんがかわいいです。松島の橋に縁結びのご利益があると知り「もう結ばれちゃいましたもんね」と答えるムスブさんが可愛すぎますね。髪にハイライトも入って作者さんの情熱を感じるコマ!ただ、厳密にはまだ結ばれないんですけどね🥰って思いながら読んじゃいました。

55話「帰り道」

最新話です!あとは新幹線で帰ってしまうだけの二人。今回のワタシの一押しポイントは、荷物を受けに上げる砂上さんを見上げるムスブさん。筋肉に見とれている感じしません?かわいいです。あと、東京に着いたらお別れ、というはなしで微妙に下がりマユのムスブさんもかわいいです🥰

56話「匂い」

こちらは、コイン購入で読める最新話です。あまり性的なことを意識しないできたムスブさんだけに、やっぱり匂いでこの表情になるのは反則ですね🥰最近は一か月待つのがしんどいです😫

アプリ

『あそこではたらくムスブさん』はサンデーうぇぶりという漫画で、何と全話無料で読むことができます(すごいサービスですよね😲)

コメント

タイトルとURLをコピーしました