ブルータルの感想

ダーク系マンガ「ブルータル(殺人警官の告白)」の感想です。もともとはトレース〜科捜研法医研究員の追想〜(ドラマ化されています)という作品のスピンオフで、作中のシリアルキラーである壇浩輝の過去にスポットライトをあてたのが本作となっています。作者は古賀慶さんと伊澤了さん。キャッチフレーズは「趣味、私刑。特技、拷問。完全超悪の殺人警察官」。人気作らしく色んな漫画アプリで読めますが、公式の無料漫画アプリであるマンガほっとや、作品を連続で読めるマンガBANGが読みやすくておすすめです。

ブルータル 殺人警察官の告白 - 古賀慶/伊澤了 / 第1話 告白 | ゼノン編集部
法で裁けない極悪人に、最悪の死を与える男がいる。警視庁捜査第一課、壇浩輝。元警視総監の父を持ち、キャリア組で出世街道を邁進する彼の裏の顔は、100人を超える悪人たちを殺してきたシリアルキラーである。『トレース 科捜研法医研究員の追想』公式スピンオフ作品。痛みを痛みで精算するマーダーサスペンス、開幕——。

あらすじ

法で裁けない極悪人に、最悪の死を与える男がいる。警視庁捜査第一課、壇浩輝。元警視総監の父を持ち、キャリア組で出世街道を邁進する彼の裏の顔は、100人を超える悪人たちを殺してきたシリアルキラーである。『トレース 科捜研法医研究員の追想』公式スピンオフ作品。痛みを痛みで精算するマーダーサスペンス、開幕——。

コミックゼノン公式サイトより

感想

私が「ブルータル」を読んだ個人の感想(あらすじにネタバレの可能性含む)を個人的にまとめています。RAW、無料ダウンロード、画像などはありません。なお、公式サイトとアプリだと違うタイトルがつけられていることがあるのですが、なんででしょう?感想を書く時の話数は、公式サイト準拠にしてます。

1話「告白と善行(告白)」

薄暗い部屋。少年(?)が操作してるのはスーパーファミコンの対戦ゲーム(ストリートファイターズ?)ポテチにマヨをぶぴゅっとかけて、指をぺろぺろ。そのままの手でコントローラーをべたべた🤢暗い中、部屋中を虫が飛んでいる🤢と思ったら、つかんだのは子供の手!?部屋の中に子供たちのバラバラ死体が🤢なんて不快指数マックスな導入なんでしょう。早くも心がおれそうです😅

それかから20年。舞台は警視庁。捜査第一課の壇浩輝(だんひろき)が警視総監賞を受けるシーンです。(部内表彰ってやつですね。渋谷のDJポリスも授賞していました。)壇さんの父は元警視総監らしいです。お昼の情報番組で20年前の「殺人宅配便」の話が出ます。冒頭の少年でしょうね。思いのほか最悪な奴でした🤢で、そいつが白昼夢という自伝みたいな告白本を出すらしい。今日はスタジオに呼ばれている。うーん。そういう人呼ばないでほしい😡あと壇さんの目がぴくぴくしている。多分、極悪犯に対する妖怪アンテナみたいな動きをするのだと勝手に想像しています

(2)

ワイドショーではやすっぽい茶番劇が繰り広げられていました。死んで詫びたい!みたいな。1週間後、ホテルで寿司にマヨをかけてくっちゃくっちゃ食べてる男がいました。そう、こいつが殺人宅配便、財前善行。過去の残虐な犯行をドッキリだといいます。遺族への挨拶を出版社に提案されて切れます。

(3)

出版社のスタッフに乱暴を振るったあと、帰宅する財前。帰りの電車で幼い女児をみかけて首絞めたいって言ってます。全然反省していない、こんな人物を野放しにしちゃダメだ。壇浩輝が暗闇から現れ彼をスタンガンで気絶させて、誘拐して秘密基地へ連れていきます。そして椅子に縛り付け、一緒にエクソシストを見ます。今回の犯人はNo27。高熱の窯で焼くので証拠は残りません。なるほどこれは「完全超悪」でしたね!

2話 強制された合意(ナンパサークルMOT前編)

意識がもうろうとした女性の視点から。どうやら女性は泰乃(やすの)。ひどい目に遭っているけど声が出ない、かわいそう😢生理中は安全日だってのはデマだし、病気になる危険性も高いので注意したいですね😡生理周期と排卵周期はずれることがあります。学生ノリって怖い😱泰乃(やすの)指を噛みながらつらい時間を耐えます。

この泰乃(やすの)が警視庁刑事課捜査一課の巡査長である間宮涼(まみやりょう)の知り合いでした。壇が動きます!

どうやら、酩酊した女性をタクシーで送る振りをしてマンションでことに及んだみたいですが、その後路地裏に放置するという最悪ぶり😨さらなる犯罪に巻き込まれたらどうするのでしょう。冗談では済まされないですね!

それから、喫茶店で対面する弁護士の丸山角男(まるやまかどお)と浜田泰乃(はまだやすの)。見舞金で被害届を取り下げさせようとするこのやり口、めちゃくちゃ卑怯ですね。さらには合意の上だと、事件当時の動画を喫茶店で堂々と再生する弁護士。引きます😡弁護士バッチをはく奪してほしい😤泰乃ちゃんが血が出るほど指を噛んでいるのが痛々しい😭

3話 抜け出せぬ泥沼(ナンパサークルMOT中編)

青山太一(19)が学生ローンでお金をおろして、テル(池脇照)に会費を納めるシーンから始まる。ナンパサークルMOT後編スタートです。MOTは大学の巨大イベントサークルだけど、実態は陰キャを集めて洗脳して大きくなったサークル。池脇を頂点としたナンパサークルのようです。バーベキューにきた子に薬を飲ませて、撮影しながら無理やり・・ひどすぎる😢犯罪です!😡

青山くん、なんだかんだで自信をつけてコンビニバイト先の奥村さんといい感じになります。M.O.Tをぬけるために退会金の13万円(大金!)をきちんと納めましたが、奥村さんともども池脇の襲撃を受けて攫われて、最後には犠牲になっちゃいました。このサークル反吐が出ます🤢

4話 血塗られた贖罪(ナンパサークルMOT後編)

ここまでの感想。やっぱり女性が抵抗できずひどい目に合ってしまうのはつらいですね。早稲田大学のサークルでも事件有りましたよね。スーパーフリーだったかな。あと、京都大学のアメフト部とか。どちらも優秀な大学のはずなにこういったレイプ事件が起きてしまう。日本の教育制度そのものになんだかなーって思っちゃいますよね🙄

5話 独善のジャーナリズム前編

6話 独善のジャーナリズム後編

7話 爛れた正義

教師による体罰問題でご立派な主張をする鬼塚さん。これはれっきとした暴行なんだ!と。一方、一家で無理心中を図っていた教師(鈴木)。ネットには教師いじめの動画が拡散されていました。ありすは家で後悔しているようですが私は感情移入できませんでした。あれだけのことをして、人が死んだ途端に泣くなんて。それなら最初からそういうったことをしないでほしい😢ただ、そうやって泣く娘にインタビューを駆ける鬼塚は本当に鬼畜ですね。そして娘を「法じゃ裁けないクズ」呼ばわり。檀さんの目がぴくぴくしちゃうぞ😡檀さんさっそく鬼塚を秘密基地に連れていき聖水(というなの濃塩酸)で罰します。エクソシスト好きなんだなー🤣そして鈴木教諭のおこさん可愛い!これから大変だと思うけど😭

8話 egoistic 天誅

あ、これ広告のやつですね。「女性を狙い嫌がらせをする男。今度は子連れの女性」って、電車でお母さんの抱っこ紐外す奴。抱っこ紐はエルゴかな?会社員の男鹿田雄大(おがたゆうだい)が犯人。このエピソード、読んでて終始虫唾が走りましたよ。すごく嫌なキャラを天才的に生み出されてしまった😅セクハラした上に「ブス女が息しているのはマナー違反」って。はあ🤬?しかも自分より弱い女性にだけ声をかけ、夫が近づいてきたらスーッと離れる。雑魚過ぎる🤣

9話 bungee 懺悔前編

タイトルに期待してしまいます🥰ついに抱っこ紐を外した上に後ろから押しましたね。ぜったいに、ぜったいぜったいに許さない😡懲りずにまた電車で妊婦さんを手にかけようとする。と思ったら・・・え、妊婦さんが譲られた席に座った!?意味不明でせこすぎて爆笑しました🤣

10話 bungee 懺悔後編

今回は車掌さんが壇さんでした、ルパンなみの七変化ですねー🤣男が目を覚ますと、無事(?)壇さんに捕獲されており、高尾山の奥地の廃線となった鉄道橋です。抱っこ紐をバンジーロープにして、強制バンジーとなりました。え、壇さんもそれを追いかけて写真撮るの?今回コメディ回かな🤣すごい🤣その後、ロープをまた上ったせいなのか、筋肉痛になる壇さんもかわいいのでした🥰

11話 自己顕示欲・ザ・スター★

うーん。迷惑系?じゃないけど倫理観のないユーチューバーネタですね。これってたまたま目撃した事故で視聴回数が稼げたから、自ら悪事に手を染めて・・・みたいなパターンとかですかね?(予想ですが)。と思って読み進めると、普通に犯人の自宅に押し掛ける系でした。でも壇さんがぴくぴくしているから、きっとこいつは悪いやつだ🤨

ここまでの感想

最初のうちはグロがひどいなと。冒頭の子供に虫が湧くシーンとか、かなり頭を殴られたようなショックを受けました。ちょっと涙ぐんでたかも。殺人警官と言われる壇浩輝は、もともとそういうキャラなんだと思いますが、私はドラマも見てないのでかなり引きました。あと、ナンパサークルは普通に女性陣がかわいそうで見てられなかった。その後、だんだんと壇さんと犯人のやりとりがコミカルに見えてきて。特に「egoistic 天誅」なんかは、こどもやママが犠牲になってたので「やったれやったれー🤣」みたいな感じで読んでました。慣れって怖いですね。グロは苦手ですが、サクサク犯罪者をやっつける(なんてかわいいもんじゃないですが)壇さんのことは好きになれそうです。あと、お目目ぴくぴくの条件が知りたいなーって思ってます🤣

12話 壇シング・オールナイト前編

自己顕示欲・ザ・スター★の続きですけどタイトルが🤣リスナーの女の子に手を出したばかりか、その子を使っての痴漢冤罪。そして冤罪被害者は電車に接触し亡くなりました。これは到底許される罪ではありません😡われらが壇さんがやってくれます!

13話 壇シング・オールナイト後編

まず自宅にDVDを送りました。それをターゲットが再生。壇さんが踊るDVDなのですが、舞台がターゲットの部屋。ってこれよくある都市伝説まんまのシチュじゃないですか🤣あとダンキング・ザ・スター★って🤣皮肉の効いたYouTubeネームです。そういえば、あの時点で壇さんの目がぴくぴくするのおかしいなーって思ってたけどその後実際に人死にが出たので、壇さんの目は未来方向で罪を犯す悪人をかぎ分けるみたいです。高性能!🤩

14話 会話に草生やすタイプ

ホームレスさんの家(?)に放火する少年たちの話😡シイタケ栽培キットのしいたけ生やそ!でそわそわする壇さんかわいい🥰

16話 旬を逃さないタイプ 前編

旬を逃さないタイプって壇さんのことですか🤣埋められたホームレスの現場になぜか居合わせるミラクル😆

18話 イクメン

イクメンコメンテーターの不破倫太郎(ふわりんたろう)が登場です。

19話 イクメン(後編)

母親をつねったり足蹴にしたり、なんだこいつは😡

ある日、バーベキューを楽しんでいた不破のもとへ電話が。昔関係のあったひまり?というアイドル。なんとお腹に不破倫太朗の子供がいるらしい。倫太郎はお金を渡してひまりにおろす様言いましたが、数か月後そこには子供抱いたひまりが😲

ここまでの感想

母親と子供をひどく扱った人物は滅すべし😤なので、壇さんどんどんやっちゃえー。という気持ちで最近は読んでます。そういえば、ドラマ版の壇さん(40歳Over)は千原ジュニアさんが演じているみたいですね。いろいろな意味ですごいキャストじゃないですか😲?

イクメン続き

ひまりに金を浴びせて、さらに蹴りつける不破倫太郎(ふわりんたろう)。隣では生まれたばかりの子供が泣いてます。人でなし。

20話 逝くメン前編

ひまりさん・・・死んじゃった。ついうっかりじゃないよ👿証拠隠滅をはかる不破倫太郎(ふわりんたろう)、最悪です😡

21話 逝くメン後編①

自分が起こした事件のコメンテーターまで務める・・その許せない気持ちを、こそだてまさむねくんに扮した壇浩輝さんが晴らしてくれますよー😤

22話 逝くメン後編②

水槽による水責め、想像しただけで体が冷えます。溺死って色々な死に方の中でも最も怖くないですか?そんな溺死の瞬間ですが、壇にとっては胎児に見えるようですね🥶

残された不破倫太郎(ふわりんたろう)の奥さんと子供たちが、希望をもって生きるかに見える描写に少しだけ救われました😢

23話 色褪せぬ慕情

いきなり間宮涼(まみやりょう)の入浴シーンから。イマドキお色気サービスか😳と思ったらそんな感じでもなかった(うへへとかいってますね😅)今回は警察官同士の慰安旅行でした。が、さすがは壇さん。旅先でも凶悪犯に出会うんですね🤩パワフルコミュニケーションズ代表取締役の力原兼成(りきはらかねなり)と思ったら凶悪犯ではなかったー!こんな展開もあるんですね😆

25話 レヴィアタン

教師に弄ばれて死に場所を求め「壇が購入予定だった」山でおぼれる女子高生。当然助ける壇。二人が出会った時何かが起こるー!(一体なにがー!)

第32話 Santa Claus Is Coming to…①

幼い子供が犠牲になる系のエピソードは本当に無理ですー😫母親の彼氏ネタ。椛木斗司(もみきとうし)。絶対に許さんわ😤

今のところ私が読んだ最新話はここまでです!最近休載が多い気がして気になっているのですが、時間はかかってもよいので、ぜひ最終回まで読みたい作品です😆

登場人物

間宮涼(まみやりょう) 壇の部下

壇浩輝(だんひろき) 警視庁捜査第一課の優秀な刑事。悪人の絶望顔を集める趣味を持っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました