しょせん他人事ですからの感想とネタバレ

シーモアでめっちゃ面白い漫画を見つけました。それこのしょせん他人事(ひとごと)ですからという漫画です。ふつうの弁護士モノだと思って読み始めると、チョーっと違うんですよね。面白いです

感想

登場人物

こずえ=被害に遭った主婦
木下(妻)=誹謗中傷した妻
保田弁護士=こずでの依頼を受けて動いている弁護士

ブログ誹謗中傷編

ママ友のブログに対して匿名掲示板やSNSで誹謗中傷を行った主婦の顛末です😫

1話

スマホの通知で起こされる主婦。なんとRT4000 Over!何かがバズったのか?と思ったのですが、ついているのは罵詈雑言のコメント。桐原こずえのブログ「セレブ生活!?見せてゴメンネママ」が炎上したところから物語が始まります。さっそく弁護士無料相談会に足を運ぶこづえ。弁護士の保田理(やすだおさむ)とパラリーガルの加賀見灯(かがみあかり)が登場します。泣いて相談するこづえに「泣いてないでちゃんと説明してください」。背筋が凍りました。鬼かな?でも冷静に、炎上した場合は削除申請か情報開示請求をすると教えてくれました。ためになりますね😆プライバシー侵害や名誉棄損であれば情報開示請求できるとのこと。こずえは情報開示請求を行うことを決心します。本気を出した安田弁護士。おお、仕事できそう!でも、情報開示請求が届いた先も普通のお子さんがいる主婦😲!?

2話

情報開示請求をひたすら無視する同じマンションのママ友の木下さん。その後、口頭弁論2回で判決。

情報開示請求が成功し、同じマンションのママ友の木下さんが書き込み元であることがわかっちゃいましたね。弁護士は他人の住民票が取れるそうです。すご!その後の反撃は
1.内容証明郵便
2.民事裁判
3.刑事告訴
などがあるようです

情報開示請求になると、弁護士とプロバイダの顧問弁護士との勝負になるんですね?🤣陳述いたします。ゆらり。答弁書ぉ!の流れとか、くらえ、準備書面、とか。テンポいい!裁判のことは何もわからないけど。これはこれで面白いです🤣

3話の感想 日本では名誉の価値が低いのかー。勉強になりますね。書き込み犯の木下さんに、内容証明郵便で
・書き込みの動機の確認
・直接謝罪の要求
・慰謝料請求
を行います
木下ママはじたばたして書き込み消してますが、もう無駄なのでは🤔

さらには弁護士事務所に電凸や、自宅凸などやりたい放題。木下ママ怖い。しかも旦那さんに内緒で進めようとしているという。で、裁判になりそうです。民事裁判ってやつですね。互いの弁護士が戦うようです。

無料漫画アプリだと大体ここまで(3話まで)読めるようです。元ネタとか小説とか探したんですけどないですね。結末が気になります😆連載してるのは白泉社の黒蜜っていうコミックレーベルで、たしか南文夏さんのイジめてごっこなんかが連載しているやつですね。

ネタバレになっちゃいますが、4話以降の感想も投稿しますね

4話のあらすじと感想 東京地方裁判所の弁論準備室で、弁護士とこずえ、木下が同席しています。まず木下が退席し、裁判から和解の意志の有無を確認されます。こずでは和解の意志がありますと答えます。次に、木下と裁判官が話をし、最後に4人が部屋に集められます。最終的な和解条件は
・書き込みの削除
・今後の投稿禁止
・事件の口外禁止
・和解金100万円
・直接の謝罪
となりました。

でも木下さん全然反省している感じしない😅

で無事に終わったとおもったら、和解金の振り込みが遅れているらしい😡すごくもやもやしますね!木下さん、許せん!と思ったら、保田さんが追加料金で動いてくれて、木下に強制執行をくらわすこととなりました。なお、木下さんは「放置しても何にも連絡ないじゃん、ラッキー」くらいに思ってました😓

5話

やっぱり木下さん、家族には黙ってことを進めていたようですね。強制執行のおかげで、夫にもばれちゃいました。どうやら強制執行は事前の連絡は入らないようです(たしかに、事前に連絡されたら試算とか隠される可能性ありますもんね)。この騒ぎを聞きつけてご近所もガヤガヤ。夫の浩之は、娘に見せないようにするのが精一杯でした。かわいそうに。でも夫がいい人でよかったね。

その夜、木下家で話し合いが行われました。自業自得とはいえ、つらいですねこの展開。あくまで上っ面の事しか言わない妻に対して夫が「犯罪者と同じだ」「クルミの面倒を見させられない」「君は異常だよ」と突きつけます。字にすると夫がひどいこと言っているように感じますが、実際にはこれが最後の愛情。この手をつかめないと夫婦仲終わりだと思います。最終的には桐原さんにきちんと謝る、ということになりました。よかったー😫

桐原さん一家も、木下さん一家もだれも幸せにならなかったけど、最後まで誠実に、きちんと仕事してくれた保田さんはすごい。すごい人ですね。いったん『ブログ誹謗中傷編』はここまでのようですが、次の話も気になります😆

ヌーヌー編

6話の感想 が開始します。加賀見はヌーヌーという双子のアイドルユニットのファンらしい。自分らの仕事が地味だと嘆く加賀美。保田は、弁護士という仕事は自殺率が有意に高いので、案件やクライアントと一定の距離を置かないといけないと言います。😲その事実は初めて知りました。だから、保田弁護士はひょうひょうとしているのです。

そこで事務所の呼び鈴が鳴り、現れたのはヌーヌーのリオでした。どうやら中学時代のいじめ動画を暴露されて炎上しているようなのですが、リオはそんないじめはやってないみたいです。依頼はまとめサイトと、ツブヤイターの削除依頼。それから投稿したやつらの特定。めっちゃ怒ってますね。

アプリ

「しょせん他人事ですから」は、無料で読めるマンガアプリがあまり無くてめちゃコミの試し読みなんかで読む方が多いと思いますが。実はマンガParkという漫画アプリであれば、ブログ誹謗中傷編の全話を無料で読むことができますよ😆

コメント

タイトルとURLをコピーしました