私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。の感想

「私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。」の感想です。コミックウォーカーの試し読みで3話分は試し読みができますよ!作者は漫画が石川オレオさんで、原作が日向奈くらら(ひむかなくらら)さんです。原作小説は角川ホラー文庫から発売されています。なお、私は無料漫画アプリのピッコマで読んでいます!

私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。
あの夜、教室でいったい何が起きたのかーーー!? 私立南城高校2年C組の担任・北原はある女生徒・宮田知江の行方不明をきっかけに、信じられない事件へと巻き込まれていく……次々と明らかになる生徒の実態と繰り返される惨劇…、新感覚のホラーサスペンス「嫌ホラー」、開幕…!

感想

1話

語り手である北原奈保子(きたはらなほこ)彼女が好調と電話しているシーンから物語は始まる。なんでも彼女が担任している市立南城高校の2年C組で異常事態が起きているとのこと。

発端は2日前、8月31日(夏休み最終日)に宮田知江(みやたともえ)の親からの、娘が昨日の夕方から帰っておらず、連絡がつかないという電話。さらに9月1日の登校日には、飯島直人(いいじまなおと)、松本翔喜(まつもとしょうき)、桜田麻美(さくらだあさみ)の3人が無断欠席となった。この4名には捜索願が出される。また、去年まで生徒だった木村浩介も8月30日から行方不明とのこと。管理能力を問われ、親からの𠮟責の対応に追われてろくに眠れていない奈保子。

そんなある日、クラスの中心人物である島本さんから「たすけて」のLINEが届く。しかもその後、2年C組の生徒から「せんせたすけ!」「大変はやくき」などダイイングメッセージのようなラインが続々と届く。どうやら生徒の親に連絡すると北原先生(つまり奈保子自身)からの呼び出しで学校にいるとのこと。当直の先生と一緒に夜の学校を見回る。教室を開けた奈保子が見たのは、屍とかした24人の生徒。いったい何が?

というところから始まるストーリー。ものすごく気になります😆

2話

警察の聴取を受ける奈保子。実はクラスではいじめがありましたが奈保子はそれを警察には伝えませんでした。

3話 理性

警察の捜査が進むなか、クラスでいじめがあったことがワイドショーで取り上げられました。

4話 被害者

宮田知江の親は何も知らない。9月2日夜の呼び出しは先生に対しても行われていた(島本から)

5話 衝動

行方不明者の父、木村義範の養鶏場でバラバラになった仏さん(身元不明)が見つかる。複数名分。ひとりは宮田知江。

6話 辱め

2年A組の秋吉千夏(あきよしちなつ)と3年D組の渡辺真央(わたなべまお)も行方不明となっている。

ここまでの感想

死体が増えるばかりでまだ全然、全容がつかめないです🙄

9話 偽装

服部と木村のやり取りが明らかになりました!ただ、自供した山の中腹の小屋では木村が死んでいた?これで有力な犯人はいなくなり振出しに戻る。いえ、一人だけいました。宮田知江です。やはり彼女が何らかの能力を持っている?

10話 裏切り

やはり宮田さんの悪魔の目がすべての原因なのか?そして2年D組の衣笠紗絵がなくなった。呪いはまだ終わっていない。次に三上香織から自宅への呼び出しが。嫌な予感がしつつも向かうと、悪魔の目に憑りつかれた三上と母親がいた。絶体絶命!

コメント

タイトルとURLをコピーしました