国民ボタンのネタバレと感想

めちゃコミで読んだ面白まんが「国民ボタン」の感想(あらすじと考察、ネタバレがあります)です🤣デスゲームモノです。面白いので元ネタとか原作小説も探しているのですが見つかっていません。オリジナルかな?情報あればお願いします!🥺なお、漫画(作画)は『ナリキン!』の鈴木大四郎さん。原作は楠風夏さんです。

1話「悪魔のボタン」のあらすじと感想 ピンポーン!ドアのチャイムが鳴って、空けたら角が生えて、シルクハットかぶって、燕尾服で、尻尾生えた悪魔がいたんですけど🤣突然家に悪魔が訪ねてくることあります?🤣しかも名刺を受け取って家にあげちゃうって、佐藤太郎くんは警戒心がうすいなー(名刺には悪魔の二文字だけ)。で、悪魔から謎のボタンが渡され(正確にはボタンが二つ付いたボックス)、選択者に選ばれたとのこと。ルールは、このボタンを一か月以内に押さなければならない。押したときにハズレのボタンを押しちゃうと国民が全員死ぬらしい。なんだそのルールはー😡佐藤君もようやく悪魔を追い出しましたね。もっと早く追い出した方がええで🤣。で翌日、会社にボタンをもっていったら同僚にボタン捨てられちゃいました。いや、なんで持っていったし🤣でも家に帰宅するとなぜか部屋にボタンが鎮座しているという。まあわたしたち(読者)はこれが本物だって知ってますよね。わたしなら秒で押しちゃうかも。誰もいない世界ってそれはそれで見てみたくありませんか?でもメリットがないと押したくないなー。

2話のあらすじと感想 警察に相談しても「この手のものを送り付ける詐欺多いんだよねー」ということで取り合ってもらえない。というか相手の警察の方、いきなりボタンを押そうとしてきました。ありえないですよね😡しかたなく佐藤君、SNSにボタンボックスの画像を投稿してみました。おー。現代っぽい対応だわ。で、その後コンビニで買い物をしていると、目の前のレジの店員が突然死してしまいました。トラウマになるわ!😅じつは、この店員さんの国で国民ボタンが押されてしまったらしい。失敗したらこんなことになるんや。怯える佐藤君。と、政府機関が迎えに来て、佐藤君は政府の施設に送られることとなりました。この手の作品の政府っていうとなんか状況を引っ掻き回す悪いイメージですが、本人に危害が及ばないならオッケーです👌

3話のあらすじと感想 どやらSNSへの投稿を発端として、佐藤君の家族構成から本名から、すべて家族人ばれてしまったようです。情報化社会こわい😢しかも弟はそれが原因でけがをしたとか。めちゃくちゃやばいじゃないです。でも日本はさすがというかなんというか、どのボタンを押すかを国民投票で決めることとなったようです。よかったですね。と思ったのもつかの間、なんと投票の結果は同数とのこと。再び佐藤の決断に全国民の命がゆだねられます。

4話のあらすじと感想 佐藤と弟君は歳が10歳はなれており、あまり仲は良くなかったのですが佐藤の弟は「兄貴のことを信じてる」的なことを口にします。これはもうやるっきゃないですね。ついにはスタジアムの前で、全国に中継され全国民の前で佐藤はボタンを押そうとします(一瞬逃げようとしたけど、それは責めないで上げてほしい😓)。ここで続く!次回ついに決着?結末は?

5話「決断」のあらすじと感想(一回目悪魔のボタン最終回) 正解を引き当てた佐藤。よくやったー!日本国民は全員生き残り、佐藤にも国民栄誉賞が贈られます。で、安心していた佐藤ですが、突然家のチャイムが鳴ります。佐藤の家に再び悪魔が訪ねてきました。でも佐藤は来ると思っていたみたいですね。さすがというかなんというか、胆力がついてきましたね。悪魔と会話する佐藤ですが、なんと!一か月で!全世界の人口は半分になってしまったようです。うーん、絶望的ですが、そんな世界も見てみたいかも😅国単位で残っているとなると、あの国とかあの国はどうなったのかな?とか考えちゃいますよね

そして悪魔が指を鳴らすと、佐藤の前に・・・・二個目のボタンが・・・登場しました😱なんと政府が保管していたボタンも消失したようです。第二回目のスタートです、もう勘弁してよー😫

6話「悪魔のボタン再び」のあらすじと感想 今回の国民ボタンは全員参加型のようですね。ある朝、カップルが目を覚ますとお互いの手の甲に謎のボタンが発生していて焦ります。(うわ、これって絶対に無理やり外そうとして爆死とかする人がいるのでは😅)カップルが慌ててツブヤイッターを見ると、全国民にボタンが発生したようです。

しかもカーテンを変えると窓の外は真っ暗。小さい子供たちの手にもボタンが発生しています😢それから、パソコンは起動しないようです(あれ、ツブヤイッターはどうやったん?)また主人公は佐藤なんでしょうか?二回目の結末が気になりますね!

7話の感想 いや、何の説明もなくボタンが出たらパニックで押す人もいるだろう(公平じゃない)と思っていたんですが、どうやら悪魔からはテレビを介して内容説明があるみたいですね。一安心?前回は国民が佐藤にボタンの責任をなすりつけて、好き勝手言っていたので、全員参加型にしたとのこと。スパルター😂🤣

2回目の国民ボタンルール

期限までに国民の半数以上がボタンを押したら、押してない人は全員が死ぬ
期限までに国民の半数以上がボタンを教えてなければ全員が助かる

シンプルだけど悪魔過ぎるルールですね。

押せば必ず助かる。押さなければ死ぬ可能性もあるが、うまくいけば全員が助かる。国家の首長であれば、まず緊急法などの法律で押すことを禁止にしたいです😎押す権利?たとえ国民の体から生えていても、毒ガスやミサイルのボタンを押していい道理はないと思うんですよね。でもやっぱり国民全体でざわつきますね。

さらに日本以外の国では、実際に半数以上が押してしまって、人口が半減した国もあるようです・・😢

国民ボタン8話  内閣の支持率が急落ー。これって有事には良く起こる現象ですよね。で、この手の話って加速度的にボタンを押す人が増えるじゃないですか?実際にQ国では35%を超えたら50%までは20分だったみたいです。こわ!リアル!

家族の会話で、子供たちだけでも押しとこうか?みたいなのがありましたが、いやーこれは確かにそう思っちゃうな。わかります🥺あと、すでにみんながボタンを押して人口が半減した国では、大変なことになっているようです。ボタンを押す人=自分が大事なひと、なわけだからそんな人だけの世界になったら・・・大変なことになりますよね😅あと、国民の半分を殺したっていう自責の念もあるだろうし。

ケンカしていたカップルも、彼女がボタンを押したんですが、なんと手の甲のボタンが黒ボタンに変化しました。これは他の人に見られたら絶対にばれる!外を歩けないですね😣

9話「黒ボタン狩り」なるほどーと思いながら読みました。なんと、残された国民はボタンを押したものを「黒ボタン」と称して、襲撃して殺すことにしました。そうすれば、黒ボタンが半分となることはありませんから。うわああ。世紀末や。作者の鈴木大四郎さん、悪魔的発想ですね!(カイジ風に)

例の彼女も、コンビニ行った際にボタンがチラ見えして狩りにあっちゃった😢家族で押したところは悲惨ですね。食事は宅配でなんとかしていましたが、ついに配達員に見られちゃったし。これは襲撃されるか?

10話 平和な四人家族の風景から始まります。突然電話が鳴り、知り合いからの連絡で、自分の家が黒ボタンの名簿に出ていることを知ります。その瞬間インターホンが鳴り玄関には正体不明の集団がたむろしていました。集団はお互いに連絡を取り家族の住んでいる605号室に向かいます。どうやら家の中はもぬけの殻でした。しかしこの集団は家族をなんと屋上まで追い詰め、耐えかねた四人家族は屋上から飛び降りてしまったようです。悪夢みたいな世界ですね。

一方国民ボタン対策本部でもこの四人家族のマンションの動画を確認していました。どうやら国の決定で国民ボタンの期限が来るまではインターネットを使用不可にするようです。それからニュースでは次々と黒ボタンがありのニュースを取り上げていました。どうやら家に閉じこもっていても無駄のようですね。押し入られてひどい目に遭っています。次の黒ボタンがありの標的は60台の二人暮らしの夫婦のようです。

ここまでの感想 国民ボタンは社会崩壊ディストピアものだと思っていましたが悲惨な展開になるとは思っていませんでした。かなりショッキングな映像が続きます。最後まで読むことができるでしょうか

11話 追い詰められた老夫婦。黒ボタン狩りが引き上げそう、という瞬間に老夫婦の携帯電話が鳴ってしまい、男たちがドアをけ破って入ってきました。とっさに夫が「妻は俺に従っただけだ、助けてくれ、たのむ!」と泣き叫びます😢でもこの黒ボタン狩りは実は突起装置対策推進室のメンバーだったらしいです。(突起装置って🤣)無事に老夫婦の保護に成功します。よかったーーーー!!!

10話で悲しいことになった4人家族もみんな生きてましたー。(ホテルに保護されていました)よかった!本当に良かった!子供が犠牲になるのは本当に嫌だったので。助かってよかったね😄対策室が黒ボタン狩りを装うことで、ボタンを押す人は恐怖で減り、でも実際には刈られる被害者はいない。この仕組みであれば今回の勝負にも勝てそうですね!😆

12話 残り1日で、ボタンを押した人数は38%ですから、今回も楽勝でクリアできるかと思いました。しかし、国民ボタン対策室で突然警報音が鳴ります。なんと押した人数が40%を越えたとのこと。これは考察ですが、たぶんもう黒ボタン狩りにも怯えなくていいし、どうせ助かるなら押して確実に助かった方がいいって人が出たんだと思います。46%・・49%、どうなる!

13話 どうやらぎりぎりでボタンは50%を越えなかったようです。しかし、やっぱりはじまってしまいました。ファイナルラウンドです。

14話 第2ラウンド(国民半分ゲーム)をクリアしたのは8か国だけ。かつ、その8か国も治安が悪化し、破滅への道を進んでいる。

15話 悪魔がファイナルラウンドの説明をしている最中に撃たれちゃいました。え、悪魔が解けて消えたけど説明はどうなるの?

16話 どうやら悪魔を殺した場合はその国はゲームオーバーのようです。日本も悪魔を殺そうとしてましたが、梅鉢さんの機転でなんとか生き残りました。さらに、最後の国民ボタンは早押しで期限は10年らしい

17話 最後の国民ボタンがどこにあるか分からずイライラする国民。

18話 どうやらある国では国民ボタンが見つかったのですが、結局まだ誰も押しておらず、政府の預かりとなりました。19話で押されちゃうと思うのですが、どうなるかすごく気になりますね。でも押して終わりなんてそんなことありますかね?ボタンを押したら、次の国にボタンが現れるとか、次にボタンが登場する国を指名できるとか、そういうルールなのではないでしょうか?(考察ですが、的中したらネタバレすいません😅)

コメント

タイトルとURLをコピーしました