「今世は当主になります」の全話ネタバレと感想!

無料閲覧や原作小説(韓国)へのリンクはありません!画像ダウンロードサイトではなく、個人の感想サイトです。感想や考察にネタバレを含むことがあるのでご注意ください!

「今世は当主になります」メインビジュアル
今世は当主になります

あらすじ

ロンバルディ家に生まれたフィレンティアは前世で一家の一員として扱われず、みじめな人生を送ります。一生懸命頑張ったのですが、家門も滅亡。失意のうちに馬車に轢かれた彼女は気づいたら7歳になっていました。今世では当主になって、みんなを見返してやる!

作者

Mon(Antstudio)
Kim Roah

出版社
D&C WEBTOON Biz

登場人物

フィレンティア・ロンバルディア
ヒロイン

ペレス・ブリバチャウ・デュレリー
第2皇子。下女の子として蔑視されていたが、アカデミーに入学した途端頭角を現す天才

ビエーゼ ルーラックの息子。長子

ギャラハン ルーラックの息子。三男。ティアの父親。パパ―🥰

シャナネット ルーラックの娘。

クレバリン・フェレット
将来ロンバルディの商人集団を統括する地位につく、切れ者の人物

ルーラック ティアのおじいちゃん🥰ロンバルディア当主😎

ベスティアン・スルネット シャナネットの旦那さんで、双子くんの父

エスティら 7話で登場。オマリー博士の教え子で偉大な発明をすることに

アルペオ・ジュン 10話で登場、彫刻家

感想

プロローグ

成長したフィレンティアとペレスのツーショット、まだストーリィはここまで進んでないので貴重なツーショットですね!結末はいかに!?

1話

フィレンティアは、一度交通事故で死んで生まれ変わっているようです。生まれ変わっても貴族家の婚外子だったので、それなりにつらい人生を歩んだと。11回目の誕生日の前に父が亡くなったようです。15歳からは家門の仕事も始めたとか。18歳から家計を管理、一生懸命頑張りましたが、祖父のルーラックがなくなると家門を追い出されます。そして2年でロンバルディアは崩壊。お酒を飲んで荒れるフィレンティア。その帰り道、馬車に轢かれてあえなく亡くなりました😭

2話

目が覚めると、図書室!いいですね。いい死に戻りです!🤣8歳のころの大けがが体にないので、どうやら8歳より前に戻っているようですね。父はティアが11歳のころに亡くなりました。治療薬ができたのはその数年後、死に戻りの王道、肉親を助ける!のコーナーです😌極悪ビエーゼが当主になるのも阻止しましょう!ビエーゼの妻はセラル。そしてセラルは第1皇子の母である皇后ラビニ・アンゲナスのはとこ。お、悪役はこの皇后かな?そしてティアは決めました。私が当主になる!✨

3話

悪役2名追加でーす
・アスタリウ
ロンバルディの財産を横領して賭けに使っていた
・ベレサック
女遊びが激しい(最低😡)
はずれもの!と呼ばれ馬鹿にされ、ティアが二人をボコボコにします🤣でもそこにおじいさまが出てきて、二人に悪ものにされそう。どうなるの!?

4話

おじいさまに理路整然と喧嘩の原因を伝えました。ベレサックが手をあげてきたと(あれ、そうでしたっけ?)はずれものだと言ってきたこと。最後にロンバルディアじゃないと言われたことに怒ったこと。おじいさまは会話を邪魔されるのが嫌いなのに、ベレサックとその父は何度も割り込んでおじいさまに叱られてます🤣最後に、本を武器としてつかったのは悪いと思っているときちんと謝罪するティア。おじいさまは期限がよさそう。なんだかお父様も誇らしげですね。一歩一歩反撃だ!お父様に抱っこしてもらって治療に向かうティアは本当に幸せそう🥰

5話

治療中のティア、パパとのきずながより深まります。今世では当主になるの大事だけど、絶対にパパを救って見せる!パパを生き残らせて、最終的に権力を握る第2皇子と仲良くなってーとあれこれ考えていたら、クレバリン・フェレットがティアを訪ねてきます😲

7話

オマリー博士と教え子のエスティラを訪ねます。なんとこのエスティラ、のちの重要人物のようです!チェックだわ🥰それから当主のルーラックがティアの優秀さに気づきました!いいね!それからそれから、ベレサックの父がルーラックの元を訪ねます。商人集団のデュラックが到着したらしい!どんな人たちなんだろー。イベント発生の予感、楽しみですね!

8話

うん。デュラックの承認はロンバルディを利用したいだけっぽいね😡このクロイトン・アンゲナス、めっちゃヤバいやつですね。帰ってほしい🥺でも当主は、ビエーゼにまかせようといいます。ついでにアンゲナスも試されるらしい🤣ネタバレしちゃうと、この一件はギャラハンに有利に働きます。あ、あとティアは今日から授業だったっぽい。ベレサック、メイロン、ギリウ、ララネがいます。がんばえー😃
→8話をまとめると、ルーラックはみんなに当主の可能性があると思ってる、そして授業開始😆

11話

無事にアルペオに彫刻の依頼ができてほっとするティア。それから双子を手玉に取ります。悪女ですね🤣あとはパパ😭「愛おしい我が娘ティアのデビュタントのドレスを仕立てる日を待ち望みながら」という本を書き起こしてくれたようです。デビュタントまでパパが生きてはいなかったことを知っているティアは泣きます。

12話

なんと、ギャラハンが縫製事業に参加します😲

13話

アルペオ・ジャンによってナタリアおばあさまの彫刻を完成させたティア。ルーラックおじい様めちゃくちゃ喜んでくれます。おじいさまにはアルペオ・ジャンを紹介出来て。おじいさまからはブローチがもらえて。完璧な立ち回りでした🤣🤣🤣でも何と言っても、ラスト2ページのティアの表情。最高じゃないですか!?美しいし、悪女っぽいし。次のアクションも期待です!😆

14話

授業が終わってララネと近づくフィレンティア。仲良くなーれ🥰大人同士の間ではビエーゼとギャラハンの中が険悪に。まあビエーゼが一方的に絡んでるんですけどね😡それからかくれんぼしていたフィレンティアと双子に最悪の出会いが!?

15話

皇后陛下にギャラハンを紹介する男(誰だっけ?)でも皇后は長男推しだから、ちょっと不機嫌になりました😅さらにフィレンティアの話をすると、アスタナ(皇太子候補の第一皇子か?)がロンバルディに行ったという話になります。いや、あんたの息子いまとんでもないことしてますからね🤣

舞台は変わりフィレンティアとアスタナへ。第1皇子アスタナ・ネレンペ・デュレリ第1皇子の登場です(正確には前話の登場ですが)フィレンティアはアスタナを無視して双子とかくれんぼしに屋敷に戻ります。そんな屋敷の中に・・・皇室の騎士が!?確実にロンバルディに対しての侵略行為。これは大問題になりそうです😱

16話

当主登場で、皇子含めた皇室の一行を叱責します!さすがロンバルディ。どうやら皇室でもロンバルディの屋敷に武力を持ち込むことはできない。初代皇帝ロマティリー・デュレリーと、当時の当主べノックス・ロンバルディの盟約みたいです。皇子を退けたフィレンティアたちですが、ルーラックおじいちゃんからおしかりされちゃうの?🥺

17話

おじいさまに叱られるかと思いきや、頭をぽんぽんされるフィレンティア。一安心です🥰。つかれたフィレンティアはすやすや寝てしまいました。ギャラハンパパは、力を身に着けてティアを守り抜くことを誓います。一方皇宮では、皇女と皇子の悪だくみが渦巻いてました。こいつらいけ好かないんだわ🥵

18話

今週の宿題は~「商人にとって最も価値のある財産は何か?」です。人材では?ところでララネがティアに近づいて好きな色を聞きます。近いね!あと、ギャラハンは馬の親子をプレゼントしてくれようとします。スーパーリッチか!🤣あとは、ティアはギャラハンの事業の話に同席します。次にマーケット(販路拡大)を考えるティアは、テーブルのお茶を見て何か思いついたみたいだね🤩

19話

ギャラハンの縫製事業は、うまくハンカチの試作品を貴族に配る方向に誘導できました😆ルーラックおじいさまはティアに誕生日プレゼントをあげるみたい。図書館・・スケール大きいわ😅でもティアが欲しいものは他にあるらしい。なんでしょうね?😆

20話

ティアはおじいちゃんにお願いを取り付けるのに成功!これが後の布石になるようです🤔ギャラハンの方も、新規事業の結果が出てものすごい受注量らしい。大成功😆しかし、ギャラハンは事業の一線から退いて私費で別事業を始めるとのこと。それもこれも可愛いティアのため。パパ、がんばれ😭ティアの方は、上機嫌でエスティラの元を訪ねます😲

21話

ティアが持っていた箱はフルーツケーキだったみたい。喜ぶエスティラ。さらに皇立のアカデミーに入るという夢を持つエスティラにロンバルディの援助をちらつかせて、濃いメルコーン薬(解毒薬)を作る約束を取り付けました😆

ここまで読んでくれてありがとうございます!また読み進めたら更新しますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました