ドクムシの感想

「ドクムシ」は小説を原作とするホラーコミックですね。もともとは八頭道尾さんがエブリスタでコドクという小説を連載していたのですが、それを合田蛍冬さんがコミカライズしたものです。なお、映画化もされてますよ!😆

あらすじ

学校の教室と思われる場所で目を覚ました大学生のレイジ。状況がまるで分からない彼は、ほどなく同じようにどうやってここに連れてこられたかも分からない男女6人と出会う。やがて7人は、自分たちが学校らしき建物に監禁されたことを知る。すると彼らの1人から「蠱毒 (コドク)」という言葉が発せられる。それは、ネット上の都市伝説で、7人を監禁して1人になるまで殺し合わせるデス・ゲームだという。(Google検索結果より)

感想

実際に「ドクムシ」を読んだ個人の感想やあらすじ(ストーリー)です。考察など、ネタバレを含む場合があります。

1話

主人公の名前はレイジっていうらしい。彼女?とうつった写真。照れてますね。スギウラレイジ。かたかななのは、何か理由があるのかな?疑いすぎ?で、電話の相手にマリの件を訪ねるけど知らないらしい。チャイムが鳴ってドアを開けると・・ドーン、タイトルコール!ドクムシー

気づいたら目の前には女性の顔。子供もいる。どうやら男女7人で廃ビルの中らしい。窓には鉄板が入っていて、脱出できません。とりあえずお互いで自己紹介することに。

イサカ・ユキトシ28歳、サラリーマン。ナカノウチ・トシオ、22歳工場勤務。アカネ21歳キャバ嬢。ノギサキ・タイチ24歳、無職!アキヤマ・マユミ、21歳大学生。レイジは20歳らしい。ミチカは9歳。

着の身着のままだけど、ベルトと靴下はなくなっているらしい。で、ドアが開いた瞬間気絶したわけではなくて、どうやら試供品の健康ドリンクを飲んでみんな気を失ったんだとか。こわ。組織的な犯行じゃないですか。

この建物の窓はすべて鉄板でふさがれて出られない、そして部屋の隅には監視カメラ。これは、デスゲームの匂いしかない🤣ですよね😅

2話

どうやら7日をカウントダウンされているらしい。7日後に脱出できる?それとも7日後に全員死ぬ?水があるのなら7日間くらいは生きられそうです。実は人間は水と睡眠だけで2~3週間生きられます。水がない状況では4,5日で絶命すると言われていますね。

3話

ミチカがトイレに。タイチ、ぺろぺろしないでほしい。気持ち悪いですね😣そのまま探索すると、3-1の教室にはIHの土鍋と鎖につながれた肉切り包丁がありました。こわ!これぜったいお互い殺して食うパターンじゃないですか。参加者の一人、ユキトシも殺し合いの意図に気づきます。革製品を取り上げられたのは、それが食料になるから。うーんだとしても、7日程度ならみんなで協力して生き残った方がよさそう。

4話

ユキトシが変に冷静だったのは、オカルトマニアでこういう状況に慣れているから。こわ!私も参加したらユキトシみたいになりそうだわ🙄さらに、ユキトシが言うにはこれはコドクなんだと。蠱毒、つまり殺し合わせて最強のドクムシをつくるってことですね。おお、だからこのタイトルか。

5話

みんな疑心暗鬼に、タイチは自分が殺されそうだと思っているし、トシオはやる気満々に見える。トシオくんはフラグ立てて出ていくし🤣「一緒にいられるか!!」ってもう伝説のセリフですよね🤣それから女性同士(ユキとアカネ)が怪しい関係に。あやー、ユキちゃんそっちがわの人だったか。でもまあ吊り橋効果とかもあるかもですね。

6話

<憤怒>仲之内俊夫(ナカノウチトシオ)お、7つの大罪がテーマなのか?今回、トシオの過去が明らかに。コイツめっちゃひどいやつですね😡30分なんでもない一般人を煽って運転して、相手はトラックに衝突して一家全員死亡。あとアカネ、生き残りのためにめちゃくちゃ考えてる。でもそういうキャラは最後まで生き残れないからなあ😢

7話

残り153時間。トシオに襲われてしまったユキ。ひどい😢アカネが様子を見に出ましたが、ちょっと遅くないかな😡

8話

トシオ幻覚見てますね。自業自得なのだわ😡残り149時間ですが、トイレの近くに陣取っているトシオを何とかしようという話になります。

最後(最終話)について

ドクムシは完結していますし、ノベル(小説)を原作とするコミカライズなので、きちんと犯人の正体や謎解きも行われています。ただ、ラストがかなり考察を必要とするものだったので、今回再び漫画版を最後までよんで、wikiみたいに整理して推理していきたいです。特に気になるのは最後の赤ん坊ですよね。実はドクムシには続編があるのでそちらも読めば正体がわかるようにはなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました