氷の城壁の感想

これ、とーっても好きなマンガです🥰「氷の城壁」!完結しているので漫画アプリで最後まで読めます!(LINEマンガやマンガMeeがオススメです)

1話 氷川小雪

ヒロインの1年2組の氷川小雪(ひかわこゆき、通称こゆん)が登場です。クラスメートがこゆんのことを通称女王って言っているけど誰も女王とは言ってないんですよね😅遊戯王の「呼びません」みたいなネタかな。あと最初の「渡しといてくれ」のコマすごい怖い顔なんだけど、ここからすごい勢いで可愛くなっていくから😤

2話 安曇美姫

小雪の親友である安曇美姫(あずみみき)が登場。クラスにおける美少女ポジション(続きを読んでいるとわかるんだけど、性格はゴリラらしいですよ🤣)

3話 イメージの溝

美姫のダメなところ1(ガサツ)2(語彙力)が出てきましたね。アイドル扱いされてるけど、根は素直でいい子だ🥰ここで一瞬小雪の回想「だって私ら友達じゃん」「まだいるのすごくない?辞めちゃえばいいのに、クスクス」うーん。バスケ部でいじめられてたんですかね😫

4話 線と壁

小雪の中学校時代の回想。小雪は精神的に少し大人びているというか、中学生のウザがらみに上手く反応できず、嫌いだったようですね🤔

5話 アレルギー

小雪はコミュ力高めの人物が苦手なんですね。中学校時代の五十嵐翼(いがらしつばさ)とか。今だってコミュ力高そうな雨宮湊(あまみやみなと)に絡まれて居心地悪そう。でもこのシーン、ラストを知っているとすっごくニヤニヤしてしまうんですけど🥰

単行本について

私がすっごーく納得いかないのは、氷の城壁が単行本化されていないことです😫シーモアとかピッコマとかで読むしかないの。絶対絶対単行本化されると思ってます。信じてます!AmazonのKindleとかでもいいよ。とにかく手元にほしい作品なのよー😭

コメント

タイトルとURLをコピーしました