クズ人間、治療しますの感想

めちゃコミで読んでます!🤣

なんか最近こういうダーク系なマンガばっかり読んでる気がします。無料枠で4話くらいまで読んだのでその感想です。(あらすじなどネタバレがあるのでご注意ください😣)。作者さんは亜月亮さんで、都市伝説マンガなんかを描いてましたね。

感想

1話「突然の出会い」の感想 主人公は幹下ほのかちゃん、兄が医学部を二浪して、両親の期待を一身に背負ってます(お兄ちゃんかわいそう)。おとなりのヒロトくんはよく家を閉め出されている。いろいろと抱えてストレスで薬を飲んでいるほのかちゃん、インターネットで海馬クリニック、というものに出会います。人格整形外科らしい。なにそれはじめてきいた🤣で、海馬クリニックの手前でめまいをおこしていたほのかに、クリニックのナース?が声をかけ、クリニックに行くことに。ほのかが看板が見えることに驚いていた様子。普通の人には看板が見えない系?あと、院長の海馬、めっちゃやばそうなくるくる髪ロン毛だな。でも甘いもの好きな人に悪い人はいないからいい人かも。

2話 なんと海馬は、ほのかの母親のクズみたいな人格を整形してくれるといいます。ちょうどよく医大の授業ではロボトミー手術のことをやってましたね。それから隣のヒロト君、お出かけを楽しみにしてたのに保険金かけられて、出かけ先で殺されてしまうかもしれません😢

3話 ヒロト君はママを守ります。死んじゃうかもしれないのに😢。その夜、ほのかは海馬クリニックに相談しに行きました。すると先生、動きます。ヒロト君ママを拉致し、ヒロト君の笑顔の画像でドーパミンの分泌を促し、パブロフの犬的に子供を愛するママを作り出します。やばいママになりましたねー。ほのかはこの治療代を肩代わりし、海馬クリニックで働くことになりました。

4話 藤崎のぞみちゃん登場。友達の愚痴を聞きすぎておかしくなっちゃったみたいですね。その友達の治療を海馬先生がするようです!

5話 美香子はのぞみのことを「ホイホイ」と呼んで陰では馬鹿にしてたみたいです。で、呼ばれてほいほいついていくのぞみちゃん😅予告ではついに治療が始まりそうですね

6話 治療完了しましたね!でも美香子さんみたいなタイプは、うかつに本人がいるときに電話口で「ホイホイ」って言ったり、「あなただけ」みたいなこと言ったりしないと思いましたね。こういう人はもうちょっとうまく世の中を渡り歩くと思うので。それにしても、治療後の、美香子さんがグチを喋っているタイムの目がグルグルこわい😨

注意 ここからはコミックスで読んでます!

3話 夫の機嫌

柴田歩美(しばたあゆみ)とDVインスタ夫の人格コントロールの話。院長の海馬(かいば)は、どうやらDVに対して嫌悪感があるのかな。それとも暴力全般に対してでしょうか。あと、幹下(みきもと)ほのかも、このクリニックの看板が見えたってことは何らかの症状が出ているってことなんですよね。院長の奥さんのエピソードも気になります。

4話 双子

ダイエット依存症(強迫性障害)を持つ双子の妹と、クズなモデルの姉が人格改造される話。どうやら妹さんはモデルである姉の言葉のサンドバックになっていたみたいです。基本的には家族内の不破が多い気がしてきました。それから、海馬深(かいばしん)はほのかの大学のOBで、学生時代からめっちゃ優秀だったみたいです。まあ優秀なのは治療の数々見ればわかりますよね😅

5話 ママ友

中学時代のいじめっ子とママ友として再開し、自分は記憶を消去し、相手は人格改造した話。クリニックの4回には愛海(あみ)ちゃんの母親がこん睡状態でいるみたいで、そのために海馬は様々な治療をしながら回復方法を探しているのかもしれないですね。

おまけまんが

愛海ちゃんの服のお話でしたね🥰本当はクリニックで着ている服はいやみたいです😅

電子書籍(Kindle)

「クズ人間、治療します」にはAmazon(Kindle)が存在します。無料の試し読みも可能ですよ!電子書籍のオリジナルレーベルなのでコミックスが出るか気になっていたんですが、無事にでてよかったです😆

コメント

タイトルとURLをコピーしました